コア・ナチュレ

コア・ナチュレ

「コア」って何ですか? 工藤美和のコラム

10559818_667401593338066_4389153978379399605_n
 
 
「コア」って何ですか?
「コア」ってどんな意味ですか?
 
 
普段のレッスンの生徒さんや
認定セミナーの受講者さんたちにお聞きします。
 
そうすると
皆さん・・・
 
 
 
「体幹!」
 
 
 
と答えてくださいます。
 
 
 
JCCA((一財)日本コアコンディショニング協会)では、
コアの定義をこんなふうにしています。
 
 
 
ーーーーー
 
◯広義のコア
体幹部を構成するすべての骨格、それを支えるすべての筋肉、
さらに動きの中で変化し得る軸や重心の総称。
 
→→→
胴体のことですね。
その中にある、すべてのものを指します。
 
ーーーーー
 
◯狭義のコア(インナーユニット)
体幹の深部にあり、腹腔壁を構成する筋群。
横隔膜、骨盤底筋群、腹横筋、多裂筋などで構成される。
 
→→→
お腹の「深い」ところの筋肉。
おうちで例えるならば、横隔膜は屋根、骨盤底筋群は基礎、腹横筋は壁、多裂筋は大黒柱。
身体の深いところに、おうちが一軒立っているイメージです。
 
ここは、1つずつの筋肉の役割ももちろんありますが、
4つの筋が「恊働」しています。
インナー「ユニット」と言ってますもんね。
 
なので、どこか1つが弱化したら、他の筋肉も一緒に弱化します。
逆に、どこか1つが調子がよくなると、他の筋肉も一緒に働きがよくなります。
 
ーーーーー
 
 
 
ひめトレは、骨盤底筋群にアプローチするエクササイズです。
効率よく骨盤底筋群を鍛える、活性化させることができます。
 
なので、インナーユニットが活性化することで、
姿勢がよくなったり、呼吸がしやすくなったり、動きやすくなったりするのです。
 
 
そう考えると、
とても便利なツールで、
カンタンにできる運動です。
 
ぜひ皆さんも
コアを活性化させて、
姿勢美人を目指しましょう!

  

  関連記事

「ずっと首の症状に悩んでいました。これで自分でケアができます!」

首の症状からくる不定愁訴に悩んでいました。誰でも・どこでも・カンタンに・短時間でできる「コアコンディショニング」の中の基本エクササイズ(運動)を体験していただきました。仕事・育児・家庭・ご自身のバランスをセルフケアで保てると喜んでくださいました。

時には「手放す」勇気が必要です

ゆっくりお話がしたかった方と一緒にランチへ。そこは実家の近所!なかなか予約がとれないお店で有名だそう。カフェのもてなしから学ぶことも多かったのですが、何より彼女との会話で「気づき」がありました。

【在るがままに】専業主婦が運動指導者の資格取得セミナーを受ける

これまで私が歩んできたこと、経験してきたこと、実践してきたことを綴っていきます。
今回は、私が初めて運動指導の資格を取得したときのお話です。

ひとりで簡単にできる!腰痛のための画期的なストレッチ(運動)とは?

長時間のデスクワークや家事などで無意識に崩れていた姿勢から引き起こされる、肩こりや腰痛。
きっと多くの方が悩んでいる症状だと思います。
それをひとりで簡単にできるエクササイズツールがあるんです。皆さん、ご存知でしたか?

失敗は成功のもと!

最近、仕事に関するアドバイスが欲しいと求められることが多くなりました。
まずは、「仕事の失敗は悔やんではいけない」。
私の大好きな方からの投稿をヒントに、わたしが経験してきたこと、想っていることをまとめてみました。

おうちで”かんたん”肩こり解消3分間ストレッチ

【はじめましての方へプレゼント!】
これまで指導してきた中でダントツの悩みが「肩こり」です。
肩こりでお悩みの方へ無料プレゼントをご用意しました。

秋の景色をたのしむ時間

1分1秒が大事だと感じる瞬間ってありませんか?今、こうやって日々過ごせることに感謝しつつ、これからどんな景色を見ることができるのか・・・家族と、クライアントさんと、仲間と、社会と。目の前の人が喜んでもらえることを意識して行動するためにも、ゆっくりとした時間が必要なのです。

男性にも「ひめトレ」をお勧めしています

「ひめトレ」という名前から女性が行うエクササイズと思っている方が多いかもしれません。実は、男性もぜひやっていただきたいエクササイズなんです。現代社会に合った運動と言っても過言ではないと思っています。

ひめトレを持ち運ぶとき、どうしていますか?

鞄にポンと入るくらいの大きさである、ひめトレ。でも、そのまま持ち運ぶと何となく気になりませんか?クライアントさんたちもいろいろ考えて収納してくれています。今回は、手元に届いた試作品をご紹介いたします。

ツールとコンテンツを上手に使ってみる

皆さんのご自宅には運動を行うためのツール、ありませんか?通販で買った健康器具が、リビングや収納に眠っていませんか?
それらを毎日の中で運動を習慣化するために使ってみませんか?きっといろんなベネフィットがありますよ!

pagetop