コア・ナチュレ

コア・ナチュレ

「コア」って何ですか? 工藤美和のコラム

10559818_667401593338066_4389153978379399605_n
 
 
「コア」って何ですか?
「コア」ってどんな意味ですか?
 
 
普段のレッスンの生徒さんや
認定セミナーの受講者さんたちにお聞きします。
 
そうすると
皆さん・・・
 
 
 
「体幹!」
 
 
 
と答えてくださいます。
 
 
 
JCCA((一財)日本コアコンディショニング協会)では、
コアの定義をこんなふうにしています。
 
 
 
ーーーーー
 
◯広義のコア
体幹部を構成するすべての骨格、それを支えるすべての筋肉、
さらに動きの中で変化し得る軸や重心の総称。
 
→→→
胴体のことですね。
その中にある、すべてのものを指します。
 
ーーーーー
 
◯狭義のコア(インナーユニット)
体幹の深部にあり、腹腔壁を構成する筋群。
横隔膜、骨盤底筋群、腹横筋、多裂筋などで構成される。
 
→→→
お腹の「深い」ところの筋肉。
おうちで例えるならば、横隔膜は屋根、骨盤底筋群は基礎、腹横筋は壁、多裂筋は大黒柱。
身体の深いところに、おうちが一軒立っているイメージです。
 
ここは、1つずつの筋肉の役割ももちろんありますが、
4つの筋が「恊働」しています。
インナー「ユニット」と言ってますもんね。
 
なので、どこか1つが弱化したら、他の筋肉も一緒に弱化します。
逆に、どこか1つが調子がよくなると、他の筋肉も一緒に働きがよくなります。
 
ーーーーー
 
 
 
ひめトレは、骨盤底筋群にアプローチするエクササイズです。
効率よく骨盤底筋群を鍛える、活性化させることができます。
 
なので、インナーユニットが活性化することで、
姿勢がよくなったり、呼吸がしやすくなったり、動きやすくなったりするのです。
 
 
そう考えると、
とても便利なツールで、
カンタンにできる運動です。
 
ぜひ皆さんも
コアを活性化させて、
姿勢美人を目指しましょう!

  

  関連記事

おうちで”かんたん”肩こり解消3分間ストレッチ

【はじめましての方へプレゼント!】
これまで指導してきた中でダントツの悩みが「肩こり」です。
肩こりでお悩みの方へ無料プレゼントをご用意しました。

【在るがままに】私が会社を辞めた理由

これまで私が歩んできたこと、経験してきたこと、実践してきたことを綴っていきます。
今回は「なぜ、私が会社を辞めることになったのか?」というお話です。

わたしは、あれから2年使っています。

布ナプキンに出逢って2年が過ぎました。使い方はいろいろあるのですが、わたしは「冷え」対策で使っています。すると日々の体調がよい感じに。身体が温まると心も穏やかになると思っています。

ひめトレ教育トレーナーになって本当によかった!

今から2年前、「ひめトレ教育トレーナー」に合格しました。それから月日が経ち、認定セミナーを開催していて自分自身の心の変化に気づいたことがあります。それを綴ってみました。

未来への投資をしていますか?

学生時代に単位のために取得した簿記3級。まさに今、役立てるときが来たのかもしれません。皆さん、「今更・・・?」かと思われるかもしれませんが、こんなセミナーを受講中です。

なぜ定員数の少ないセミナーを開催するのか?

その答えはわたしらしさ、コア・ナチュレらしさ・・・があると思っています。
わたしの原点でもある「つなぐ」「癒す」「寄り添う」「愛(かな)でる」がキーワードです。

だから、わたしはストレッチポールを長く愛用しています。

皆さんは、ご自身の身体を不調を感じたら、どんな対処をしていますか?わたしは、10年以上ストレッチポールを愛用しています。「一体、それはなぜなのか?」をご紹介させていただきます。

勇気を与える感動のスピーチ! 岩崎由純氏ペップトーク講演会@大分

ペップトークとは、もともとアメリカでスポーツの試合前に監督やコーチが選手を励ますために行っている短い激励のスピーチ。
日本を代表するアスレチックトレーナー岩﨑由純氏がアメリカのスポーツ現場で学んだ「勇気を与える感動のスピーチ」を、自分・家族・仲間に伝えるコミュニケーションスキルとして確立。スポーツ現場はもちろん、家庭で・職場で・教育現場ですぐに実践できるシンプルでポジティブな言葉を使ったコミュニケーション術の講演会です。

五感をつかい、記憶を辿る

何気ない風景がいろんなことを感じさせてくれました。
【味覚】を通して、五感の重要性を自ら体感してきました。

あなたに合ったストレッチポールを選んでいますか?

ストレッチポールには3つの種類があります。わたしたちトレーナーは、クライアントの状態に合わせてツールを選択することをご存知ですか?皆さんが持っているツールはご自身に合ったものですか?

pagetop