コア・ナチュレ

コア・ナチュレ

あなたに合ったストレッチポールを選んでいますか? 工藤美和のコラム

t02200165_0800060012652962573
 
 
現在、ストレッチポールには3つのツールがあります。
 
エクササイズの効果を最大に引き出すには、
このツールの選択がとても重要になります。
 
 
 
「雑誌やインターネットで紹介されていたから購入しました。」
 
という声をよく耳にします。
 
 
 
「そのツールはあなたに合ったものですか?」
「今も、そのツールを愛用していますか?」
 
とお聞きしたら、
皆さんはいかがですか?
 
 
 
まずは、あなたに合ったツールを選択することが、
コアコンディショニングを始めるにあたって大切になります。
 
 
 
【 特に配慮が必要なクライアント 】
①初心者、高齢者
②小柄な方(得に身長155cm以下の方)
③円柱形のポールに乗ると不安定な方
④肩や腰に違和感のある方
 
 
 
【 ツールの選択 】
①ストレッチポールEX(画像:上から1番目)
健常な成人男性、スポーツ選手。
 
②ストレッチポールMX(画像:上から2番目)
表層に柔らかい素材を用いているため、
この上に乗ると床からの高さが約10cmとなる。
医療現場、高齢者、円背の方、EXでバランスがとりにくい方、
女性やジュニアアスリートなど。
 
③ストレッチポール ハーフカット(画像:右下)
側臥位からの寝返りでその上に乗ることができる。
高齢者や身長の低い方、初心者。
 
 
 
ツールによって、
再現性(エクササイズ後の効果・体感)と
安全性(怪我をしない)が変わります。
 
また、基本姿勢も個々に違ってくるので、
その人が一番心地いいと感じるポジションを取るためにも
ツールの選択が重要です。
 
 
 
一人でも多くの方に
安全かつ効果的に
コアコンディショニングを行ってほしいです。
 
これ以外で何か分からないことがありましたら、
いつでもお気軽にご相談ください。

  

  関連記事

「耳つぼ」でセルフケアをしてもらいました!

皆さんは、ご自身の体調を整える手段を知っていますか?実践していますか?
今回は、「耳つぼ」で私の体調が整ったお話です。

ひめトレ教育トレーナーになって本当によかった!

今から2年前、「ひめトレ教育トレーナー」に合格しました。それから月日が経ち、認定セミナーを開催していて自分自身の心の変化に気づいたことがあります。それを綴ってみました。

「コア」って何ですか?

皆さんがメディアや雑誌等でよく目にする、「体幹」という言葉。
「コア」って何ですか?どんな意味ですか?・・・を、分かりやすく書き出してみました。

ボディラインが変わるポイントは◯◯だった!【やせたいけど食べたいを叶える!ダイエット】

11/23(月)博多にて開催された、「味覚変容ダイエット シルエットメイク講座」を再受講。
今月に入り、わたしの「カラダ」と「ココロ」の変化はなぜ起こったのか?それをどう整えるのか?再受講することで新たな【気づき】を得ることで幸福感を得られました。
皆さんもご自身を大切にすることができる、【味覚変容ダイエット】の奥深さを体感してみませんか?

ツールとコンテンツを上手に使ってみる

皆さんのご自宅には運動を行うためのツール、ありませんか?通販で買った健康器具が、リビングや収納に眠っていませんか?
それらを毎日の中で運動を習慣化するために使ってみませんか?きっといろんなベネフィットがありますよ!

コアコン指導者に知ってほしいこと - その① コアコン仲間の指導を受ける –

これから不定期ですが、コア・ナチュレのオリジナルセミナー「コアコン指導者に知ってほしい基礎知識」について、少しずつご紹介していきたいと思います。まず第1回目は・・・「コアコン仲間のレッスンを受けてみたことはありますか?」

日常生活でセルフケアを継続する秘訣とは?

10年来のおつき合いのクライアントさん。ストレッチポールやひめトレをこよなく愛用してくれています。
長く継続する秘訣とは?彼女の笑顔から伝わってきますよね。

「ひめトレ」ができたきっかけ

「ひめトレ」が世の中に出るまでに、たくさんの試作品があって見せてもらったことを思い出します。これもよく聞かれる質問なので、皆さんとシェアしますね。

コアコンディショニングの指導や展開で悩んでいる方へ

JCCA認定セミナーを受講してくださった柔道整復師の方々。「なぜ受講しようと思ったのか?」「これからどんなふうに指導・展開していったらいいのか?」・・・お話を聞く中から、たくさんのヒントをいただきました!

【在るがままに】専業主婦が運動指導者の資格取得セミナーを受ける

これまで私が歩んできたこと、経験してきたこと、実践してきたことを綴っていきます。
今回は、私が初めて運動指導の資格を取得したときのお話です。

pagetop