コア・ナチュレ

コア・ナチュレ

今年のキーワードは「つながり」「調和」「与える」 工藤美和のコラム

0d0cbf5c40a30dab6f43de8d1af0d365_s
 
 
本日のクライアントさんは、
以前モニターとして参加してくださった方でした。
 
 
 
彼女に聞きました。
 
「今年、どうなると最高ですか?」
 
 
そうすると・・・
 
「女性特有の痛みに寄り添いたい。
 今は漠然とそう思っていますが、そんなサポートがしたいです。」
 
「いろんなイベントやお茶会に参加して、
 いろんな人に逢ってみたいです。」

「家族全員と山に登りたいです。」
 
「自分の身体のことが知りたいです。
 姿勢をよくしたい、これから先に向かって【貯筋】したいんです。」
 
 
 
かなり明確な答えでした。
それもそのはず。
 
ご主人と年末から、
今年についていろいろと会話をしたそうです。
 
ご主人も、
今年やることの目標が明確だそうです。
 
「ならば、私も!」と
彼女も自分のやりたいことを想像したそうです。
 
 
 
なぜ、クライアントとそんなお話をするのか?
 
プライベートのセッションでは、
ラポール(信頼)とコミュニケーションが大事だと思っています。
 
なので、
じっくり時間をかけて、
クライアントが何を想い、何を感じているのか?
掘り起こしたい。
 
初めて逢った方、
久しぶりに逢った方、
今年はじめて逢った方。
 
身体に向き合う前に、
ご自身に向き合ってもらっています。
 
 
 
ヒトって、
自分のことを話すだけで、
気持ちがスッキリします。
 
私は、それをひらすら聴いているだけですが、
「話してくれる」だけで嬉しく思います。
 
 
そこから、
今思う「なりたい自分」から
一歩深いところへ「気づく」ことがあるからです。
 
 
 
彼女は、
来月からプライベートセッションを始めます。
 
私からすると、
彼女は医療従事者で、
国家資格を持ち、専門性が高く、知識も豊富です。
 
でも、彼女は言います。
 
「工藤さんが経験してきたこと、
 工藤さんが指導していることを、
 体験し、吸収したいんです。」
 
 
わたしも、
たくさんの方に会いに行き、
たくさん吸収した時期があったことを思い出しました。
 
彼女の夢にサポートできることに
心から感謝します。
 
 
私の今年のキーワードは、
「つながり」「調和」「与える」です。

  

  関連記事

「JCCA認定いろは体操セミナー」とは?

高齢者に向けての運動指導の方にオススメです。椅子に座り、ひめトレを使ってカンタンな運動を行います。このセミナーはどなたでも受講が可能です。

ひめトレを持ち運ぶとき、どうしていますか?

鞄にポンと入るくらいの大きさである、ひめトレ。でも、そのまま持ち運ぶと何となく気になりませんか?クライアントさんたちもいろいろ考えて収納してくれています。今回は、手元に届いた試作品をご紹介いたします。

「私はこうやって今の仕事を始めました」転職後にやってきたことは?

「夢は、ストレッチポールなどのツールを使って、身体や心を整える仕事がしたい」最近、セミナー受講者から多く受ける質問なので、ここでお応えしてみました。

【在るがままに】こんなことを勉強していました

週に一度、これまで私が歩んできたこと、経験してきたこと、実践してきたことを綴っていきます。
今回は学生時代にこんなことを学んでいたというお話です。書き出すを気づくことが多いです。

「転倒を予防する運動を教えてください。」

最近のクライアントさまからのキーワード、「転倒」。人(ヒト)であるがゆえにあるもの=二本足で立って歩く、ですよね。コア・ナチュレらしく、分かりやすくお伝えしている内容です。

「心地よく感じる」ことのありがたさ

こんな景色を見ながら仕事ができるありがたさ。そして、この景色を家族・クライアントさま・仲間と共有できることのありがたさ。そして大好きなストレッチポールにのると、胸が開き心が開くので、いろんなことを思います。

今あるもので、ベストを尽くす

最近、ご縁あって小〜中学生の指導を行っています。しっかりとした目標やゴールを持っている子どもたちに、日々驚かされています。たのしく、分かりやすく、シンプルに。「コアコンディショニング」の考え方に基づいて指導を行った結果、嬉しいお声をいただいています!

楽器を演奏する方に「コアコンディショニング」は最適!

楽器を演奏する際、決まった姿勢をとりますよね。この時の姿勢や動きのくせを見直すことで、パフォーマンスがグッと上がります。
今回の体験者はピアノの先生でした。

コアコンディショニングの指導や展開で悩んでいる方へ

JCCA認定セミナーを受講してくださった柔道整復師の方々。「なぜ受講しようと思ったのか?」「これからどんなふうに指導・展開していったらいいのか?」・・・お話を聞く中から、たくさんのヒントをいただきました!

秋の景色をたのしむ時間

1分1秒が大事だと感じる瞬間ってありませんか?今、こうやって日々過ごせることに感謝しつつ、これからどんな景色を見ることができるのか・・・家族と、クライアントさんと、仲間と、社会と。目の前の人が喜んでもらえることを意識して行動するためにも、ゆっくりとした時間が必要なのです。

pagetop