コア・ナチュレ

コア・ナチュレ

ボディラインが変わるポイントは◯◯だった!【やせたいけど食べたいを叶える!ダイエット】 工藤美和のコラム

slide01
 
 
昨日、博多にて開催された、
「味覚変容ダイエット シルエットメイク講座」。
 
今回は、
セミナーを再受講をしてきました。
 
 
 
セミナーを初めて受けるときは、
緊張もあり、情報を受け取る量が少なかったりしますよね。
 
 
再受講をすることで
復習ができたり、
新たに「気づき」を得ることってありますよね。
 
 
 
実は、今月に入ってから、
カラダやココロの変化で
【味覚】に変化が出ていました。
 
 
それがなぜなのか?
それをどう整えていくか?
 
それが再確認できたら・・・と思って参加しました。
 
 
 
 
【味覚変容ダイエット】の大事なポイントの1つ。
 
 
 
まずは、
自分自身が体感する、気づく。
 
 
 
これは
主軸である【コアコンディショニング】を
お伝えすることと共通していること。
 
 
 
まずは感じる。
 
ひたすら感じる。
 
ただただ感じる。
 
 
 
そうすることで、
ちょっとした動作や
いつものトレーニングをするだけで、
身体の変化が出てきます。
 
 
 
そう、わたしは
この「感じる」を
忘れていただけなんです。
 
 
 
たったこれだけ、なんです。
 
 
 
何かを意識するって
普段の生活の中でもありますよね。
 
 
それを「味を感じる」ことや
運動(エクササイズ)の中でどこを感じながら動くか。
 
それだけでボディラインが
グッと引き締まるんです!
 
 
 
ポイントは・・・
 
【味覚】を使って「感じる」こと。
 
 
 
すごく簡単ですよね。
 
 
 
皆さん、
もっと知りたくなりましたか?
 
【味覚変容ダイエット】を体験したくなりましたか?
 
 
 
★「3秒で変わる!やせたいけど好きなものは食べたい!」を叶える、
味覚変容ダイエット×体質改善コース 体験 7,560円
(お一人様1回限り 2015年12月末まで)

  

  関連記事

掃除と洗濯の合間にマット1枚のスペースでできる運動習慣

リフレッシュ&リラックスのために適度な運動は必要。コアコンディショニングのいいところは、他の運動と融合することで相乗効果が期待できるところ。朝の家事の合間にマット1枚のスペースがあれば運動が可能。しっかり汗をかくのも心地いいですよ。

なぜ「ベーシックセブン」がつくられたのか?

「競技スポーツの世界での感動をもっと多くの皆さんとシェアしたい」と考えたメソッドは、安全で分かりやすいものに。現在では、フィットネス・介護・医療の世界にまで及び、老若男女を問わず多くの方に愛用されています。「それは何故なのか?」をご紹介いたします。

おうちで”かんたん”肩こり解消3分間ストレッチ

【はじめましての方へプレゼント!】
これまで指導してきた中でダントツの悩みが「肩こり」です。
肩こりでお悩みの方へ無料プレゼントをご用意しました。

【在るがままに】私が会社を辞めた理由

これまで私が歩んできたこと、経験してきたこと、実践してきたことを綴っていきます。
今回は「なぜ、私が会社を辞めることになったのか?」というお話です。

わたしのリラックス法は「ただストレッチポールにのるだけ」です。

皆さん、日常生活の中でリラックスする時間ってありますか?ご自宅でカンタンにリラックスできる方法として、わたしは「ただ」ストレッチポールの上ににのっています。

好きで得意で、家族や仲間に貢献できる

かれこれ10年以上のお付き合い。わたしの起業の原点でもある方とのお食事でした。
話は尽きません。あっという間の4時間でした。ここからまた新しいことが生まれます!!

【在るがままに】学生時代の部活のお話です

たった一人でもいい。誰かの「これからの人生」のお役に立てたら嬉しい。どんなことをしたら嬉しいのか、ずっと悩んでいました。
週に一度、これまで私が歩んできたこと、経験してきたこと、実践してきたことを綴っていきます。今回は学生時代の部活動のことです。

【味覚変容ダイエット】私の美容食材はケーキだった?!

今年のクリスマスは大切な人たちと何を食べましたか?
もちろん食べるのが、「クリスマスケーキ」ですよね。私自身が食べた感想を書いてみました!

未来への投資をしていますか?

学生時代に単位のために取得した簿記3級。まさに今、役立てるときが来たのかもしれません。皆さん、「今更・・・?」かと思われるかもしれませんが、こんなセミナーを受講中です。

今年のキーワードは「つながり」「調和」「与える」

本日のクライアントさんと、「今年、どうなったら最高ですか?」というテーマで、じっくり話をしました。彼女の会話から、私の立ち位置・発信することの責務を感じました。おかげで、大切な人と想いを共有することができました。

pagetop