コア・ナチュレ

コア・ナチュレ

ひとりで簡単にできる!腰痛のための画期的なストレッチ(運動)とは? 工藤美和のコラム

0671701caf0213fa9103a619f938a17b_s
 
 
「腰の違和感があるんです・・・」
 
 
首こり、肩こりに次いで出てくる症状が
腰の違和感(いわゆる「腰痛」)。
 
 
そんなときって、
立ち上がったり座ったりするだけでしんどい、
家事やお出かけをするのもきつかったりしますよね。
 
 
それが、
腰まわりが軽くなって、
家事がしやすくなったり、
家族やお友達とどこかへ出かけたい。
 
そうなれたら愉しいし嬉しいですよね。
 
 
でも、
腰の違和感(腰痛)ってなかなか改善しない。
むしろ悪くなる。
 
病院で見てもらっても異常なし。
言われることは、「適度な運動が必要です」のひと言。
「じゃあ、何をしたらいいのよー!」
というのが、正直な気持ちだと思います。
 
 
 
そんな時、
ストレッチポールやスイングストレッチを使った
運動(エクササイズ)をすると、
日常生活における肩こりや腰痛が改善することができます。
 
 
例えば、「スイングストレッチ」を使った運動(エクササイズ)。
 
 
骨盤を下から支えながら、
手足を動かすことでインナーユニットを鍛えます。
不安定な形状の上でバランスを正しく保とうとする動きが、
体の軸を安定させ、姿勢を整えることができます。
 
 
しかも、
「おひとりさま」でできます。
 
 
運動(エクササイズ)後は、
肩と腰のだるさが軽減し、身体全体がスッキリします。
 
 
 
一人でも正しく簡単にコアトレーニングが取り組めるツール。
それが「スイングストレッチ」。
 
自分のバランスに気づくことができ、
運動(エクササイズ)を行うことで
自然に体幹が整っていく画期的なエクササイズツールです。
 
 
 
是非、あなたも体験してみませんか?
 
 
 
★「あなた専属」カリキュラム
プライベートレッスン  体験 4,000円
 
 
★「3秒で変わる!やせたいけど好きなものは食べたい!」を叶える、
味覚変容ダイエット×体質改善コース 体験 7,560円
(お一人様1回限り 2015年12月末まで)

  

  関連記事

食事・運動・睡眠で、きちんと体をつくる

(一財)日本コアコンディショニング協会[JCCA]の会長である、岩崎由純氏が11/13(日)福岡県筑紫野市にてアスレティックトレーナーとしての【極意】をお話ししてくださいます。性別・年齢・職種関係なく、全ての人につながるお話です。

なぜ定員数の少ないセミナーを開催するのか?

その答えはわたしらしさ、コア・ナチュレらしさ・・・があると思っています。
わたしの原点でもある「つなぐ」「癒す」「寄り添う」「愛(かな)でる」がキーワードです。

ひめトレエクササイズ実施時の椅子の選び方とは?

「ひめトレ」を使った運動を行う際に大事なことの1つとして、椅子の選択があります。安全性・再現性のためにも知っておくといいです。

だから、わたしはストレッチポールを長く愛用しています。

皆さんは、ご自身の身体を不調を感じたら、どんな対処をしていますか?わたしは、10年以上ストレッチポールを愛用しています。「一体、それはなぜなのか?」をご紹介させていただきます。

意外と知らない「ひめトレ」のお手入れ法

これもよく質問に出ます。デリケートな場所にあてるツールなので「清潔に保つ」ことが大事です。ひめトレの材質を知ってからお手入れすることをオススメしています。

掃除と洗濯の合間にマット1枚のスペースでできる運動習慣

リフレッシュ&リラックスのために適度な運動は必要。コアコンディショニングのいいところは、他の運動と融合することで相乗効果が期待できるところ。朝の家事の合間にマット1枚のスペースがあれば運動が可能。しっかり汗をかくのも心地いいですよ。

秋の景色をたのしむ時間

1分1秒が大事だと感じる瞬間ってありませんか?今、こうやって日々過ごせることに感謝しつつ、これからどんな景色を見ることができるのか・・・家族と、クライアントさんと、仲間と、社会と。目の前の人が喜んでもらえることを意識して行動するためにも、ゆっくりとした時間が必要なのです。

わたしは、あれから2年使っています。

布ナプキンに出逢って2年が過ぎました。使い方はいろいろあるのですが、わたしは「冷え」対策で使っています。すると日々の体調がよい感じに。身体が温まると心も穏やかになると思っています。

時には「手放す」勇気が必要です

ゆっくりお話がしたかった方と一緒にランチへ。そこは実家の近所!なかなか予約がとれないお店で有名だそう。カフェのもてなしから学ぶことも多かったのですが、何より彼女との会話で「気づき」がありました。

働く人のためのセルフケアとは?(メンタルヘルスケア)

私が会社に勤めていた頃はこんなケア方法を知りませんでした。何より自分自身が「ストレスである」ことに気づいてなかったのかもしれません。現代社会だからこそ起こる不調を改善する対策として【セルフケア】があります。

pagetop