コア・ナチュレ

コア・ナチュレ

ひめトレエクササイズのキーワードは「時短」です 工藤美和のコラム

毎日
駆け足のように
時間が
一日が
過ぎている感じがしませんか?
 
 
 
「あれ?もう出かけなきゃ?」
 
「あれ?もうお昼?」
 
「あれ?もう夕食の準備をしなきゃ。」
 
「あれ?もう寝る時間?」
 
 
 
年齢を重ねると
余計に時間が過ぎていくのが
早く感じられます。
 
わたしもその一人。
 
 
その限られた時間の中で
 
「ぜひ、適度な運動をしましょう!」
「運動を習慣化しましょう!
 
 
と言われても
 
「そんな時間ってないわよね・・・」
 
と思う方が多いはず。
 
 
 
 
できるならば、したい。
でも、できない。
 
理由は・・・
挙げればきりがない。
 
 
 
そんな皆さんには
「ひめトレエクササイズ」がお勧めです。
 
3a8145708645d20a24ddf84b76a05dfe_s
理由は
時短だから。
 
61644ea572a8a2a0240cf11d2bac9f00
「ひめトレエクササイズ」は
椅子を使ってもらった方が効果が体感しやすい。
 
 
だったら
 
お化粧をしているとき
歯磨きをしているとき
ガスコンロの前にいるとき
テレビを見ているとき
スマホを見ているとき
本を読んでいるとき
 
 
椅子に座っている姿勢を
うまく利用するのはどうですか?
 
 
 
認定ひめトレインストラクターだったら
皆さんのライフスタイルに合った
エクササイズの方法を選ぶことが可能です。
 
ぜひ相談してみてください。
 
 
 
時短でエクササイズ。
 
1日3分。
積み重ねたら1,095分。
長時間になります。
 
ほんのわずかな時間が
皆さんの美と健康をサポートしてくれます。
 
 
 
 
◯ストレッチポールやひめトレを使った運動(エクササイズ)を
 はじめての方にも学べるセミナーを開催しています!
*1〜3月開催
http://core-nature.com/post-1448/
 
◯はじめての方でも大丈夫!
 まずは「ひめトレ美姿勢モニター」から始めてみませんか?
*書籍1冊、ひめトレ1本が付いてきます
http://core-nature.com/post-1565/

  

  関連記事

今あるもので、ベストを尽くす

最近、ご縁あって小〜中学生の指導を行っています。しっかりとした目標やゴールを持っている子どもたちに、日々驚かされています。たのしく、分かりやすく、シンプルに。「コアコンディショニング」の考え方に基づいて指導を行った結果、嬉しいお声をいただいています!

【在るがままに】学生時代の部活のお話です

たった一人でもいい。誰かの「これからの人生」のお役に立てたら嬉しい。どんなことをしたら嬉しいのか、ずっと悩んでいました。
週に一度、これまで私が歩んできたこと、経験してきたこと、実践してきたことを綴っていきます。今回は学生時代の部活動のことです。

皆さんの「隠れファン」になりたいです

わたしのちょっと変わった趣味が「選挙速報を見る」ことです。昨日の選挙では「無党派層」「隠れ◯◯」という言葉が飛び交っていました。そこから気づいたことです。

「こだわり」からの気づき

皆さんもお気に入りのミュージシャンっていますよね?
わたしもかなり「こだわり」がある方です。そんなところから、今の自分に対して気づいたことがありました。

ご自身の身体を内観していますか?

皆さんは、毎日ご自身の身体を内観する時間をつくっていますか?
ストレッチポールやひめトレなどのツールを使った運動を提供する際には「体観」という言葉がよく出てきます。

「JCCA認定いろは体操セミナー」とは?

高齢者に向けての運動指導の方にオススメです。椅子に座り、ひめトレを使ってカンタンな運動を行います。このセミナーはどなたでも受講が可能です。

思い切って手を挙げてみました!

他県の仲間から「大分はいいよね!」と言われます。どうやら大分県のような起業家女子の仕組みって珍しいようです。iGC様から背中をポンと押していただき、このような場に出ています。よかったぜひご覧ください。

コアコンディショニングの指導や展開で悩んでいる方へ

JCCA認定セミナーを受講してくださった柔道整復師の方々。「なぜ受講しようと思ったのか?」「これからどんなふうに指導・展開していったらいいのか?」・・・お話を聞く中から、たくさんのヒントをいただきました!

「耳つぼ」でセルフケアをしてもらいました!

皆さんは、ご自身の体調を整える手段を知っていますか?実践していますか?
今回は、「耳つぼ」で私の体調が整ったお話です。

なぜ定員数の少ないセミナーを開催するのか?

その答えはわたしらしさ、コア・ナチュレらしさ・・・があると思っています。
わたしの原点でもある「つなぐ」「癒す」「寄り添う」「愛(かな)でる」がキーワードです。

pagetop