コア・ナチュレ

コア・ナチュレ

男性にも「ひめトレ」をお勧めしています 工藤美和のコラム

16143053_1850771091847633_4156541609038511136_n
 
ひめトレが世に出て
もうすぐ3年が経ちます。
 
出た当初は、
「全ての女性のHappy Bodyをつくる」
とお伝えしていました。
 
 
 
時が経ち、
認定セミナーの受講者から
 
 
「男性はひめトレを使ってはいけないのでしょうか?」
 
 
という質問が
多く寄せられるようになりました。
 
 
 
女性だけではない。
男性も、男性だからこその悩みがある。
 
そんな声が聞こえてきました。
 
 
 
今では
認定セミナーには
多くの男性が受講されています。
 
特に医療従事者の方。
 
柔道整復師
鍼灸師
理学療法士
作業療法士
 
 
日々変わる現場でのニーズに
応えていこうとする気持ちや姿勢が
すばらしいですよね。
 
 
 
昨日、打ち合わせでお逢いした
男性のデザイナーさんに
ひめトレを体験していただきました。
 
 
「やってみた方がよく分かります。
 これって、本当に時短ですよね!」
 
 
日々、多忙な男性にも
ひめトレエクササイズは効果的。
 
いろんな悩みを解決できます。
 
 
 
実は、
ひめトレアドバンストセミナーでは
そんな話をさせてもらっています。
 
ベーシックから
より深くひめトレのことを知るには
とてもしっかりした内容となっています。
 
 
 
時短でトレーニング。
男性にもひめトレ。
 
これ、
かなりお勧めです✨
 
 
 
 
◯ストレッチポールやひめトレを使った運動(エクササイズ)を
 はじめての方にも学べるセミナーを開催しています!
*1〜3月開催
http://core-nature.com/post-1448/
 
◯はじめての方でも大丈夫!
 まずは「ひめトレ美姿勢モニター」から始めてみませんか?
*書籍1冊、ひめトレ1本が付いてきます
http://core-nature.com/post-1565/

  

  関連記事

コアコンディショニングの指導や展開で悩んでいる方へ

JCCA認定セミナーを受講してくださった柔道整復師の方々。「なぜ受講しようと思ったのか?」「これからどんなふうに指導・展開していったらいいのか?」・・・お話を聞く中から、たくさんのヒントをいただきました!

ご自身の身体を内観していますか?

皆さんは、毎日ご自身の身体を内観する時間をつくっていますか?
ストレッチポールやひめトレなどのツールを使った運動を提供する際には「体観」という言葉がよく出てきます。

食事・運動・睡眠で、きちんと体をつくる

(一財)日本コアコンディショニング協会[JCCA]の会長である、岩崎由純氏が11/13(日)福岡県筑紫野市にてアスレティックトレーナーとしての【極意】をお話ししてくださいます。性別・年齢・職種関係なく、全ての人につながるお話です。

「気づき」をくれてありがとう

ドラッカーが次のように言っています。「他人の育成を手掛けない限り、自分の能力を向上させることは出来ない。」
そんなお手本を見せてくれる友人から「気づき」をもらいました。

「ひめトレは、◯◯のときは使用できますか?」

ひめトレが使用できる、できない・・・についてのご質問もかなり多く受けます。ここでは、ベーシックセミナーでお伝えしている禁忌例をご紹介させていただきます。セルフケアで使用する際は、ぜひ参考にしてください。

皆さんの傍に「布ナプキン」がある生活を送りませんか

毎回好評の「布ナプキン」のワークショップ。ひめトレの体験もできる内容でお届けしています。「布ナプキン」の講師である秦紀子さんが、この度協会を設立しました。ぜひ一度チェックしてみてください。

あなたに合ったストレッチポールを選んでいますか?

ストレッチポールには3つの種類があります。わたしたちトレーナーは、クライアントの状態に合わせてツールを選択することをご存知ですか?皆さんが持っているツールはご自身に合ったものですか?

「こだわり」からの気づき

皆さんもお気に入りのミュージシャンっていますよね?
わたしもかなり「こだわり」がある方です。そんなところから、今の自分に対して気づいたことがありました。

だから、わたしはストレッチポールを長く愛用しています。

皆さんは、ご自身の身体を不調を感じたら、どんな対処をしていますか?わたしは、10年以上ストレッチポールを愛用しています。「一体、それはなぜなのか?」をご紹介させていただきます。

今年のキーワードは「つながり」「調和」「与える」

本日のクライアントさんと、「今年、どうなったら最高ですか?」というテーマで、じっくり話をしました。彼女の会話から、私の立ち位置・発信することの責務を感じました。おかげで、大切な人と想いを共有することができました。

pagetop