コア・ナチュレ

コア・ナチュレ

日常生活でセルフケアを継続する秘訣とは? 工藤美和のコラム

15401110_1209927679102258_9140747487676931690_n
昨日、ロイヤルなクライアントさんたちとのレッスン。
ここはかれこれ10年くらい続いています。
 
ストレッチポールやひめトレを
こよなく愛用してくれていて、
ご自宅でセルフケア(セルフコンディショニング)をしてくれています。
 
なので
いつも元気で明るい!
イキイキと仕事や子育てをしています。
 
レッスン前の会話が本当にたのしくて。
身体を動かす時間がどんどん短くなる(笑)
気をつけているつもりでも、皆さんいろんな報告をしてくれます。
その笑顔を見るのがわたしの幸せです。
 
 
 
皆さんが長く続いている理由。
 
それは・・・
 
■無理をしなくていい
■がんばらなくていい
■たのしい
■元気になる
■カンタン
■わたしでもできる
■時短である
■身体の変化が体感できる
 
 
毎日続けることは本当に大変ですよね。
 
だったら
2日に1回、3日に1回のセルフケアを行う。
週に1回、隔週で、60分のレッスンに通う。
 
皆さんの「ゴール」と「ルール」を決めたらいいと思います。
 
 
 
今回、書籍を購入したSさん。
もっとセルフケアがたのしくなるはず。
 
ちょっとした合間に読める、
とても分かりやすい文章とイラストです。
 
ぜひ皆さんにも手に取って
見てほしいと思っています。
 
 
15492316_1206007572827602_7862743447482230982_n
◯書籍を販売しています。ぜひ手に取ってみてくださいね。
http://core-nature.com/post-1622/
 
 
◯ストレッチポールやひめトレを使った運動(エクササイズ)を
 初めての方にも学べるセミナーを開催しています!
*1〜3月開催(土・日・祝)
http://core-nature.com/post-1448/
 
*1〜3月開催(平日)
http://core-nature.com/post-1452/

  

  関連記事

掃除と洗濯の合間にマット1枚のスペースでできる運動習慣

リフレッシュ&リラックスのために適度な運動は必要。コアコンディショニングのいいところは、他の運動と融合することで相乗効果が期待できるところ。朝の家事の合間にマット1枚のスペースがあれば運動が可能。しっかり汗をかくのも心地いいですよ。

とにかく信じてやり続けています!

原点回帰をしたくて、お休みの日に出かけました。この仕事を始めてからのことです。
この日、気づいたことを備忘録として書き留めてみました。

【在るがままに】私がストレッチポールに出逢ったきっかけ

これまで私が歩んできたこと、経験してきたこと、実践してきたことを綴っていきます。
今回は、私がストレッチポールに出逢ったきっかけのお話です。それはある日突然のことでした。

コアコンディショニングの指導や展開で悩んでいる方へ

JCCA認定セミナーを受講してくださった柔道整復師の方々。「なぜ受講しようと思ったのか?」「これからどんなふうに指導・展開していったらいいのか?」・・・お話を聞く中から、たくさんのヒントをいただきました!

「気づき」をくれてありがとう

ドラッカーが次のように言っています。「他人の育成を手掛けない限り、自分の能力を向上させることは出来ない。」
そんなお手本を見せてくれる友人から「気づき」をもらいました。

【在るがままに】会社に入った直後は本当に苦労しました

週に一度、これまで私が歩んできたこと、経験してきたこと、実践してきたことを綴っていきます。
今回は会社に入ってすぐにこんなことで苦労をしたというお話です。あの時は本当によくやったと思います(笑)

ひめトレエクササイズのキーワードは「時短」です

ひめトレエクササイズは、ひめトレを使った簡単・時短でできるコアコンディショニングの運動で、骨盤底筋を鍛え、美しい姿勢をつくります。
今回のキーワードは・・・時短。

おうちでたった1分!肩こりが解消できる運動(エクササイズ)とは?

「肩こりってありますか?」
どこの講座で聞いても、必ず手が挙がる悩みの1つ。
おうちでできる運動(エクササイズ)を知っていると、肩こり解消につながっていきます。

ひめトレエクササイズ実施時の椅子の選び方とは?

「ひめトレ」を使った運動を行う際に大事なことの1つとして、椅子の選択があります。安全性・再現性のためにも知っておくといいです。

【在るがままに】実は、伝説のJCCA認定セミナーを受講した一人です

これまで私が歩んできたこと、経験してきたこと、実践してきたことを綴っていきます。
今回は、語り継がれている伝説のJCCA認定セミナーの受講生の一人だった・・・というお話です。

pagetop