コア・ナチュレ

コア・ナチュレ

「耳つぼ」でセルフケアをしてもらいました! 工藤美和のコラム

12079506_1635440920038452_6127775545515435115_n
 
 
皆さんは
ご自身の体調の変化に気づきますか?
 
 
肩がこっている
腰に違和感がある
風邪を引いたかも・・・
頭が痛い
目が疲れた
お腹が痛くなってきた
 
などなど。
 
 
ほとんどの方が気づくかと思います。
 
 
 
で、
その体調をご自身で整える手段は
ご存知ですか?
 
 
手段はいろいろあるかと思います。
 
 
 
私は、
「コアコンディショニング」という考え方で
セルフケアをしています。
 
 
手段を覚えたら、
予防も
改善も
解消も
できます。
 
 
「コアコンディショニング」を通して、
ご自身の身体から聴こえる声を拾うことができます。
 
そう、
【感度】が上がってきます。
 
 
 
そして、
昨日は、「耳つぼ」でケアをしてもらいました。
 
耳つぼから推察できる症状を見て、
シールを貼っていただきました。
 
 
目の疲れがなくなった!!! 
 
これが一番に感じました。
 
ここ数日、
パソコンで作業する時間が多かったせいでしょうか。
 
 
 
これまでの経験では、【感度】が高いと
どんなセルフケアでも体感がしやすいと思っています。
 
じゃあ、
どうやって【感度】を高めるのか?
 
それは◯◯を見つけること!
 
ここを知るか、知らないかで
まったく見える景色が違ってきますよー。
 
 
 
とはいえ、
施術してもらい、
本当にありがたかったです。
 
 
 
施術してくれたのは実妹。
 
只今、修行中です。
 
 
 
でも、初めての頃に比べたら、
随分手際がよくなって、
短時間で施術ができるようになりましたー。
 
 
これから
もっとたくさんの方に
施術を通して
笑顔にしてほしいと思います。

  

  関連記事

「◯◯抜きダイエット」をしたことがありますか?

特定の栄養素を抜く、もしくは食事を抜くダイエットをしたことがありますか?コア・ナチュレで提供させていただいている【味覚変容ダイエット】は、これまでにない、全く新しいダイエット法になります。

【在るがままに】実は、伝説のJCCA認定セミナーを受講した一人です

これまで私が歩んできたこと、経験してきたこと、実践してきたことを綴っていきます。
今回は、語り継がれている伝説のJCCA認定セミナーの受講生の一人だった・・・というお話です。

今年のキーワードは「つながり」「調和」「与える」

本日のクライアントさんと、「今年、どうなったら最高ですか?」というテーマで、じっくり話をしました。彼女の会話から、私の立ち位置・発信することの責務を感じました。おかげで、大切な人と想いを共有することができました。

【在るがままに】学生時代の部活のお話です

たった一人でもいい。誰かの「これからの人生」のお役に立てたら嬉しい。どんなことをしたら嬉しいのか、ずっと悩んでいました。
週に一度、これまで私が歩んできたこと、経験してきたこと、実践してきたことを綴っていきます。今回は学生時代の部活動のことです。

「ずっと首の症状に悩んでいました。これで自分でケアができます!」

首の症状からくる不定愁訴に悩んでいました。誰でも・どこでも・カンタンに・短時間でできる「コアコンディショニング」の中の基本エクササイズ(運動)を体験していただきました。仕事・育児・家庭・ご自身のバランスをセルフケアで保てると喜んでくださいました。

意外と知らない「ひめトレ」のお手入れ法

これもよく質問に出ます。デリケートな場所にあてるツールなので「清潔に保つ」ことが大事です。ひめトレの材質を知ってからお手入れすることをオススメしています。

食事・運動・睡眠で、きちんと体をつくる

(一財)日本コアコンディショニング協会[JCCA]の会長である、岩崎由純氏が11/13(日)福岡県筑紫野市にてアスレティックトレーナーとしての【極意】をお話ししてくださいます。性別・年齢・職種関係なく、全ての人につながるお話です。

誰かと誰かの「橋渡し」となれば幸いです。

昨日は、iGC(女性起業家・企業家プロジェクト)からのお声掛けで、貴重な経験をさせていただきました。わたしが起業したきっかけ、事業内容、起業して嬉しかったこと、これからのビジョンなどをお話ししました。何かの参考になれば幸いです。

冷え対策のセルフケア、行っていますか?

ここ数年、秋を感じる時間が短くなったように思います。急激な気温の変化についていけず、体調を崩す方が多く見られます。今すぐはじめられる「冷え」対策のセルフケア、何かされていますか?

布ナプキンのワークショップで知った、女性特有のお悩み

布ナプキンのワークショップを企画・開催して2年が経ちました。皆さんの受講動機に寄り添いつつ、新しい事実を通して女性の深い悩み、現代社会の苦悩が垣間見えてきました。

pagetop