コア・ナチュレ

コア・ナチュレ

未来への投資をしていますか? 工藤美和のコラム

image1-2
昨日の午前中はここへ。
 
 
なにせ
こういう分野が苦手でして。
今まで避けて通ってきました・・・。
 
 
ですが
サポートしてくれている方たちから
「この講師は分かりやすくてお勧めだよー!」
と言われたら
「聞いてみる価値あり!」と思いエントリーをしました。
 
 
動機は不純です。
講師目線で見たかった。
異業種の講師がどんなふうにセミナーを進めるのか見たかった。
 
 
 
 
結果から言うと・・・
 
 
 
たのしかった!
分かりやすかった!
 
 
 
「電卓をパチパチしてみよう!」
という気にさせてくれる!
 
参加してよかったです♡
 
 
 
 
ここ数年
わたしのところにも
「ストレッチポールやひめトレを使った教室をやってみたいんですが・・・」
という相談をたくさん受けます。
 
 
齊藤美代子先生(今回の講師)曰く、
 
・始める理由は、「資格を活用したい」「自由に仕事がしたい」である。
・男性は始める前に用意周到だが、女性は始めてから誰かに相談することが多い。
・結果、長続きしない。
 
わたしも思い当たること、多々です。
 
 
実際私は起業するまでに
約10年間フリーの運動指導者として活動してきました。
 
わたしなりに準備をした上で起業したつもりですが
どうやら甘かったようです。
 
 
 
このセミナーに参加しようと思った
もう1つの理由は
起業3年目だけど初心に戻って
ちゃんとした知識を得たいと思ったからです。
 
 
それは
「この仕事を長く続けたい!」という想いからです。
 
 
 
齊藤先生は最後に
こんな言葉で締めくくりました。
 
 
「未来への投資と思って【知識】はきちんと得てください。」
 
 
どうやら
わたしも【知識】を得る時期が来たと。
 
避けては通れぬ【お金】の話(泣)
 
 
早速、お友だちに相談したいと思います。
 
 
 
このセミナーはあと2回。
「逢いたい!」と思う講師陣です。
 
このような企画を立ててくれた方たちに感謝します!

  

  関連記事

ストレッチポールとひめトレの効果的な使い方

ストレッチポール・ひめトレを1つずつ使ってもカンタンで効果的。ですが、ストレッチポール→ひめトレの順番で使うと、もっと効果的になります!

「クライアントありき」の指導ができるようになるには?

毎年、全国でたくさんの「ベーシックインストラクター」が誕生しています。その中で、もっとクライアントさまに喜ばれるインストラクターになるためには、この情報を知っておくと指導に深みが増し、クライアントさまの「満足度」がグッと上がります。

コアコン指導者に知ってほしいこと - その② フィードバックを受け入れる –

コア・ナチュレのオリジナルセミナー「コアコン指導者に知ってほしい基礎知識」の第1回目のコラムを読んで感想をいただきました。
第2回目は・・・「指導者同士のフィードバック、受けたことがありますか?もしくは受けていますか?」

ひめトレ教育トレーナーになって本当によかった!

今から2年前、「ひめトレ教育トレーナー」に合格しました。それから月日が経ち、認定セミナーを開催していて自分自身の心の変化に気づいたことがあります。それを綴ってみました。

思い切って手を挙げてみました!

他県の仲間から「大分はいいよね!」と言われます。どうやら大分県のような起業家女子の仕組みって珍しいようです。iGC様から背中をポンと押していただき、このような場に出ています。よかったぜひご覧ください。

秋の景色をたのしむ時間

1分1秒が大事だと感じる瞬間ってありませんか?今、こうやって日々過ごせることに感謝しつつ、これからどんな景色を見ることができるのか・・・家族と、クライアントさんと、仲間と、社会と。目の前の人が喜んでもらえることを意識して行動するためにも、ゆっくりとした時間が必要なのです。

「コア」って何ですか?

皆さんがメディアや雑誌等でよく目にする、「体幹」という言葉。
「コア」って何ですか?どんな意味ですか?・・・を、分かりやすく書き出してみました。

楽器を演奏する方に「コアコンディショニング」は最適!

楽器を演奏する際、決まった姿勢をとりますよね。この時の姿勢や動きのくせを見直すことで、パフォーマンスがグッと上がります。
今回の体験者はピアノの先生でした。

冷え対策のセルフケア、行っていますか?

ここ数年、秋を感じる時間が短くなったように思います。急激な気温の変化についていけず、体調を崩す方が多く見られます。今すぐはじめられる「冷え」対策のセルフケア、何かされていますか?

【在るがままに】私がストレッチポールに出逢ったきっかけ

これまで私が歩んできたこと、経験してきたこと、実践してきたことを綴っていきます。
今回は、私がストレッチポールに出逢ったきっかけのお話です。それはある日突然のことでした。

pagetop