コア・ナチュレ

コア・ナチュレ

未来への投資をしていますか? 工藤美和のコラム

image1-2
昨日の午前中はここへ。
 
 
なにせ
こういう分野が苦手でして。
今まで避けて通ってきました・・・。
 
 
ですが
サポートしてくれている方たちから
「この講師は分かりやすくてお勧めだよー!」
と言われたら
「聞いてみる価値あり!」と思いエントリーをしました。
 
 
動機は不純です。
講師目線で見たかった。
異業種の講師がどんなふうにセミナーを進めるのか見たかった。
 
 
 
 
結果から言うと・・・
 
 
 
たのしかった!
分かりやすかった!
 
 
 
「電卓をパチパチしてみよう!」
という気にさせてくれる!
 
参加してよかったです♡
 
 
 
 
ここ数年
わたしのところにも
「ストレッチポールやひめトレを使った教室をやってみたいんですが・・・」
という相談をたくさん受けます。
 
 
齊藤美代子先生(今回の講師)曰く、
 
・始める理由は、「資格を活用したい」「自由に仕事がしたい」である。
・男性は始める前に用意周到だが、女性は始めてから誰かに相談することが多い。
・結果、長続きしない。
 
わたしも思い当たること、多々です。
 
 
実際私は起業するまでに
約10年間フリーの運動指導者として活動してきました。
 
わたしなりに準備をした上で起業したつもりですが
どうやら甘かったようです。
 
 
 
このセミナーに参加しようと思った
もう1つの理由は
起業3年目だけど初心に戻って
ちゃんとした知識を得たいと思ったからです。
 
 
それは
「この仕事を長く続けたい!」という想いからです。
 
 
 
齊藤先生は最後に
こんな言葉で締めくくりました。
 
 
「未来への投資と思って【知識】はきちんと得てください。」
 
 
どうやら
わたしも【知識】を得る時期が来たと。
 
避けては通れぬ【お金】の話(泣)
 
 
早速、お友だちに相談したいと思います。
 
 
 
このセミナーはあと2回。
「逢いたい!」と思う講師陣です。
 
このような企画を立ててくれた方たちに感謝します!

  

  関連記事

ボディラインが変わるポイントは◯◯だった!【やせたいけど食べたいを叶える!ダイエット】

11/23(月)博多にて開催された、「味覚変容ダイエット シルエットメイク講座」を再受講。
今月に入り、わたしの「カラダ」と「ココロ」の変化はなぜ起こったのか?それをどう整えるのか?再受講することで新たな【気づき】を得ることで幸福感を得られました。
皆さんもご自身を大切にすることができる、【味覚変容ダイエット】の奥深さを体感してみませんか?

2019年、どんな年にしたいですか?

新年明けましておめでとうございます。今年もコア・ナチュレをどうぞよろしくお願いいたします。
通常営業は7日(月)ですが、既に3日(木)から活動を行なっています。私なりの今年の抱負を書かせていただきました。

「ストレッチポールにのると、どんないいことがありますか?」

レッスンやセミナーでお伝えしている「コアコンディショニング」。その中でも、ツールを使った場合の「コアコンディショニング」(運動)を行ったら、どんなメリットがあるか?をご紹介いたします。

JCCA認定試験を受ける仲間を全力でサポートする!

先週土曜日に開催された勉強会。2つの大きな試験にトライする仲間たちがいます。彼らの背中を一押しし、「今あるものでベストを尽くす」ことで合格を手に入れてほしいです!!

【在るがままに】専業主婦が運動指導者の資格取得セミナーを受ける

これまで私が歩んできたこと、経験してきたこと、実践してきたことを綴っていきます。
今回は、私が初めて運動指導の資格を取得したときのお話です。

「コア」って何ですか?

皆さんがメディアや雑誌等でよく目にする、「体幹」という言葉。
「コア」って何ですか?どんな意味ですか?・・・を、分かりやすく書き出してみました。

ストレッチポールにのったとき◯◯◯を使うとリラックスしやすい

こんな暑い時期だからこそ、ストレッチポールにのってリラックスしてほしい。そんな気持ちを込めて、より一層リラックスできる方法をお伝えします。

わたしは、あれから2年使っています。

布ナプキンに出逢って2年が過ぎました。使い方はいろいろあるのですが、わたしは「冷え」対策で使っています。すると日々の体調がよい感じに。身体が温まると心も穏やかになると思っています。

【在るがままに】私が会社を辞めた理由

これまで私が歩んできたこと、経験してきたこと、実践してきたことを綴っていきます。
今回は「なぜ、私が会社を辞めることになったのか?」というお話です。

楽器を演奏する方に「コアコンディショニング」は最適!

楽器を演奏する際、決まった姿勢をとりますよね。この時の姿勢や動きのくせを見直すことで、パフォーマンスがグッと上がります。
今回の体験者はピアノの先生でした。

pagetop