コア・ナチュレ

コア・ナチュレ

「気づき」をくれてありがとう 工藤美和のコラム

a41744073344be613790b2b75764db69_s
 
 
昨日、突然ですが
友人から連絡がありました。
 
 
 
「今晩、おうちにいますか?」
 
 
 
何だろう・・・
何か悪いことをしたかなぁ・・・
 
なんて思ってしまうのは
私だけでしょうか。
 
被害妄想、だらけですね。
 
 
 
 
実は
そうではなくて・・・
 
サロンがオープンしてから2周年のお祝いに
ポインセチアを持ってきてくれたのです。
 
 
 
「!!!」
 
 
 
そんなことを考えてしまって
ごめんなさい。
罪悪感・・・ですね。
 
 
 
彼女の助けがなかったら
サロンはオープンしませんでした。
 
彼女のセンスがあったから
サロンが心地よい場所になりました。
 
彼女が時々悩みを聞いてくれたから
私は自己承認ができ
ちょっとずつ前に進めるようになりました。
 
 
 
年齢は違えど
心の支えになっていることには間違いありません。
 
 
 
この業種。
一人で何でもこなす方が多い。
 
でも
わたしはメンターに
こう教わりました。
 
 
 
「一人でやらない」
 
 
 
だから
 
家族
友人
仲間
 
がいてくれるから
がんばれる。
楽しいことができる。
 
 
 
本当にありがたいです。
 
家族でいてくれて、ありがとう。
友だちでいてくれて、ありがとう。
仲間になってくれて、ありがとう。
 
 
 
そう、
わたしは
たくさんの方に守られているんです。
 
 
 
もっといろんな人に
恩返しができることがしたい。
 
 
バーチャルなつながりが強い昨今。
バーチャルもリアルとつながれる。
 
 
そんな仕組みをつくります。
絶対に!
 
 
 
こんな気持ちに気づかせてくれた
彼女に感謝です。
 
「ありがとう」

  

  関連記事

【Stretch-eze®(ストレッチーズ)】 ピラティスのマットエクササイズに!

来月よりコア・ナチュレにて導入するエクササイズツール、【Stretch-eze®(ストレッチーズ)】。ピラティスのマットエクササイズをより心地よく、効果的に行うことができます。今回はそのご紹介です。

掃除と洗濯の合間にマット1枚のスペースでできる運動習慣

リフレッシュ&リラックスのために適度な運動は必要。コアコンディショニングのいいところは、他の運動と融合することで相乗効果が期待できるところ。朝の家事の合間にマット1枚のスペースがあれば運動が可能。しっかり汗をかくのも心地いいですよ。

【在るがままに】たった一言が人生を変える

これまで私が歩んできたこと、経験してきたこと、実践してきたことを綴っていきます。
今回は、私の人生を変えたきっかけとなった一言・・・というお話です。

ストレッチポールとひめトレの効果的な使い方

ストレッチポール・ひめトレを1つずつ使ってもカンタンで効果的。ですが、ストレッチポール→ひめトレの順番で使うと、もっと効果的になります!

だから、わたしはストレッチポールを長く愛用しています。

皆さんは、ご自身の身体を不調を感じたら、どんな対処をしていますか?わたしは、10年以上ストレッチポールを愛用しています。「一体、それはなぜなのか?」をご紹介させていただきます。

「心地よく感じる」ことのありがたさ

こんな景色を見ながら仕事ができるありがたさ。そして、この景色を家族・クライアントさま・仲間と共有できることのありがたさ。そして大好きなストレッチポールにのると、胸が開き心が開くので、いろんなことを思います。

「ストレッチポールの正しい使い方を教えてください!」

先月のある日。「ストレッチポールを購入したのですが、正しい使い方が分からなくて困っています。」というご連絡が。遠路、長崎からご夫婦で、正しい使い方が学べる【ツールトレーニング】を受けてくださいました。そのときのお話です。

最近セミナーに対するご質問が増えています

毎月、開催を予定しているのが(一財)日本コアコンディショニング協会[JCCA]の認定セミナーです。そのセミナーに対するお問い合わせが最近グッと増えてきました。皆さんの不安を少しでも解消したく、ここでシェアさせていただきます!

ひめトレエクササイズ実施時の椅子の選び方とは?

「ひめトレ」を使った運動を行う際に大事なことの1つとして、椅子の選択があります。安全性・再現性のためにも知っておくといいです。

【在るがままに】学生時代の部活のお話です

たった一人でもいい。誰かの「これからの人生」のお役に立てたら嬉しい。どんなことをしたら嬉しいのか、ずっと悩んでいました。
週に一度、これまで私が歩んできたこと、経験してきたこと、実践してきたことを綴っていきます。今回は学生時代の部活動のことです。

pagetop