コア・ナチュレ

コア・ナチュレ

◯◯に座るだけで姿勢が変わる! 工藤美和のコラム

f1d7a7fe61f99e0a7ee4d1aeecc6ff58_s
 
日常生活で
椅子やソファーに座ることって多いですよね。
 
その昔。
ちゃぶ台を囲んでご飯を食べていた頃。
座る姿勢は「正座」や「あぐら」でした。
 
その座る姿勢では
きっと床にある部分が付いていたと思います。
 
それはどこだと思いますか?
 
 
7ca784f208deb18413bce7c45e427b62

そう、「坐骨」です。
(座る、骨、と書きます)
 
 
ひめトレを使ったエクササイズをする時。
皆さんにお聞きします。
 
「坐骨って、どこにあるか知っていますか?」
 
そうすると
皆さん、意外と知らないんです、坐骨の位置。
(骨格や筋肉の名前ってほとんど知らないです)
 
 
坐骨は骨盤の中にある骨の1つ。
左右にある骨です。
 
ここ(坐骨)で座ると姿勢がよくなります。
たったそれだけで身体にいいことがたくさんあるんです。
 
 
zakotu2
 
◯坐骨の探し方
1.椅子や床に座ります。
2.座面や床とお尻の間に両手のひらを入れます。
  手のひらを上にして入れたら、当たる骨が坐骨です。
3.手のひらを入れたまま、身体を小さく前後左右に揺れてみてください。
  ゴツゴツした骨があるはずです。
4.両手を外して、坐骨が座面に当たる感覚を確かめてみてください。
*使用する椅子:座面が硬く平たいもの、足裏がしっかり床につくもの、背もたれは使用しません
 
 
坐骨に座ると
骨盤の正しい位置で座れるようになります。
 
皆さんなりの
「正しい姿勢」「自然な姿勢」ができるようになります。
 
 
 
より一層、坐骨の感覚がほしい場合は、
ひめトレを横置きにして、その上に坐骨が当たるように座ってください。
 
どちらのお尻に体重がよりかかっているかが
とても分かりやすいですよ。
 
 
 
「坐骨で座る」
 
日常生活でカンタン、すぐにできます。
ぜひ取り入れて、姿勢美人を目指してみてください!

  

  関連記事

「JCCA認定いろは体操セミナー」とは?

高齢者に向けての運動指導の方にオススメです。椅子に座り、ひめトレを使ってカンタンな運動を行います。このセミナーはどなたでも受講が可能です。

わたしは、あれから2年使っています。

布ナプキンに出逢って2年が過ぎました。使い方はいろいろあるのですが、わたしは「冷え」対策で使っています。すると日々の体調がよい感じに。身体が温まると心も穏やかになると思っています。

おうちでたった1分!肩こりが解消できる運動(エクササイズ)とは?

「肩こりってありますか?」
どこの講座で聞いても、必ず手が挙がる悩みの1つ。
おうちでできる運動(エクササイズ)を知っていると、肩こり解消につながっていきます。

「ひめトレ」ができたきっかけ

「ひめトレ」が世の中に出るまでに、たくさんの試作品があって見せてもらったことを思い出します。これもよく聞かれる質問なので、皆さんとシェアしますね。

「私はこうやって今の仕事を始めました」転職後にやってきたことは?

「夢は、ストレッチポールなどのツールを使って、身体や心を整える仕事がしたい」最近、セミナー受講者から多く受ける質問なので、ここでお応えしてみました。

意外と知らない「ひめトレ」のお手入れ法

これもよく質問に出ます。デリケートな場所にあてるツールなので「清潔に保つ」ことが大事です。ひめトレの材質を知ってからお手入れすることをオススメしています。

【味覚変容ダイエット】私の美容食材はケーキだった?!

今年のクリスマスは大切な人たちと何を食べましたか?
もちろん食べるのが、「クリスマスケーキ」ですよね。私自身が食べた感想を書いてみました!

ボディラインが変わるポイントは◯◯だった!【やせたいけど食べたいを叶える!ダイエット】

11/23(月)博多にて開催された、「味覚変容ダイエット シルエットメイク講座」を再受講。
今月に入り、わたしの「カラダ」と「ココロ」の変化はなぜ起こったのか?それをどう整えるのか?再受講することで新たな【気づき】を得ることで幸福感を得られました。
皆さんもご自身を大切にすることができる、【味覚変容ダイエット】の奥深さを体感してみませんか?

【御礼】本日、コア・ナチュレが誕生して4年になりました

本日10月26日は、コア・ナチュレのオープン日になります。皆さまのおかげで4年が経ちました。
これからも皆さまの側に寄り添いサポートしていく所存です。今後ともよろしくお願いいたします。

だから、わたしはストレッチポールを長く愛用しています。

皆さんは、ご自身の身体を不調を感じたら、どんな対処をしていますか?わたしは、10年以上ストレッチポールを愛用しています。「一体、それはなぜなのか?」をご紹介させていただきます。

pagetop