コア・ナチュレ

コア・ナチュレ

「クライアントありき」の指導ができるようになるには? 工藤美和のコラム

ce2631c684ffce7aa4d47e11e51e301f
 
 
ストレッチポールを使った
コアコンディショニングの基本エクササイズ
「ベーシックセブン」。
 
なぜ、「ベーシックセブン」が誕生したのか?
 
皆さん、もうご存知ですよね?
→ 詳しくはこちら
 
 
 
今日は、
「ベーシックセブン」をより効果的に行う方法を
ご紹介します。
 
 
 
このセミナーは、
「ベーシックセブン」受講者ならどなたでも受講が可能。
 
この内容を知っていると
グループレッスンでの動きの引き出しがグッと増えます。
 
 
 
なぜならば・・・
 
◯ベーシックセブンの動きの狙いと効果を知る
型として覚えていたベーシックセブンエクササイズの動きを指導者として
「なぜ効果が出るのか?」「何を目的にエクササイズするのか?」を専門的に理解します。
 
◯クライアントを見る大切さを知る
同じエクササイズの指導でも、声かけの仕方によってクライアントが得られる
体感や効果が大きく変わってきます。
この「気づき」を得られると、指導者としての深みが増します。
 
◯指導のバリエーションが増える
エクササイズの理解を深めると、個々のクライアントへの応用ができるようになり、
指導内容のバリエーションを増やすことが可能です。
 
 
 
エクササイズありき、なのか?
 
クライアントありき、なのか?
 
 
皆さんが運動(エクササイズ)を受ける側だったら、
どちらがいいですか?
嬉しいですか?
 
 
 
「ベーシックセブン」のもつ姿勢改善の仕組みを掘り下げるとともに、
適切な声かけでより体感を引き出す工夫について学びます。
 
また「ベーシックセブン」の応用としてバリエーションエクササイズを
クライアントに合ったリラクゼーションエクササイズとして提供できるようになります。
 
 
 
わたしが昔グループレッスンをたくさんしていた頃、
この「ベーシックセブンプラス」の学びがすごく活かされた経験があります。
 
今では、プライベートセッションの方が主ですが、
単発の健康増進指導などでは大活躍。
 
体験者の皆さんの反応が全く違います。
 
 
ぜひ一度、
「ベーシックセブンプラス」の内容を知った後に、
ご自身でセルフコンディショニングをしてみてください。
 
より「ベーシックセブン」が好きになること、間違いなしです!
 
 
 
10/16(日)ベーシックセブンプラス
お申し込みは↓↓
http://jcca-net.com/seminar_search/view/7901

  

  関連記事

布ナプキンのワークショップで知った、女性特有のお悩み

布ナプキンのワークショップを企画・開催して2年が経ちました。皆さんの受講動機に寄り添いつつ、新しい事実を通して女性の深い悩み、現代社会の苦悩が垣間見えてきました。

「ストレッチポールにのると、どんないいことがありますか?」

レッスンやセミナーでお伝えしている「コアコンディショニング」。その中でも、ツールを使った場合の「コアコンディショニング」(運動)を行ったら、どんなメリットがあるか?をご紹介いたします。

楽器を演奏する方に「コアコンディショニング」は最適!

楽器を演奏する際、決まった姿勢をとりますよね。この時の姿勢や動きのくせを見直すことで、パフォーマンスがグッと上がります。
今回の体験者はピアノの先生でした。

掃除と洗濯の合間にマット1枚のスペースでできる運動習慣

リフレッシュ&リラックスのために適度な運動は必要。コアコンディショニングのいいところは、他の運動と融合することで相乗効果が期待できるところ。朝の家事の合間にマット1枚のスペースがあれば運動が可能。しっかり汗をかくのも心地いいですよ。

【在るがままに】実は、伝説のJCCA認定セミナーを受講した一人です

これまで私が歩んできたこと、経験してきたこと、実践してきたことを綴っていきます。
今回は、語り継がれている伝説のJCCA認定セミナーの受講生の一人だった・・・というお話です。

今年のキーワードは「つながり」「調和」「与える」

本日のクライアントさんと、「今年、どうなったら最高ですか?」というテーマで、じっくり話をしました。彼女の会話から、私の立ち位置・発信することの責務を感じました。おかげで、大切な人と想いを共有することができました。

コアコン指導者に知ってほしいこと - その① コアコン仲間の指導を受ける –

これから不定期ですが、コア・ナチュレのオリジナルセミナー「コアコン指導者に知ってほしい基礎知識」について、少しずつご紹介していきたいと思います。まず第1回目は・・・「コアコン仲間のレッスンを受けてみたことはありますか?」

「ストレッチポールの正しい使い方を教えてください!」

先月のある日。「ストレッチポールを購入したのですが、正しい使い方が分からなくて困っています。」というご連絡が。遠路、長崎からご夫婦で、正しい使い方が学べる【ツールトレーニング】を受けてくださいました。そのときのお話です。

今あるもので、ベストを尽くす

最近、ご縁あって小〜中学生の指導を行っています。しっかりとした目標やゴールを持っている子どもたちに、日々驚かされています。たのしく、分かりやすく、シンプルに。「コアコンディショニング」の考え方に基づいて指導を行った結果、嬉しいお声をいただいています!

ご自身の身体を内観していますか?

皆さんは、毎日ご自身の身体を内観する時間をつくっていますか?
ストレッチポールやひめトレなどのツールを使った運動を提供する際には「体観」という言葉がよく出てきます。

pagetop