コア・ナチュレ

コア・ナチュレ

気軽にできるストレス解消法 工藤美和のコラム

ee4f52f3db1b5506e36b34858983e9c2_s
 
職場、学校、家庭、あるいは地域のコミュニティ活動において
ストレスを感じていませんか。
そこから体調を崩している人が増加しています。
 
今回は気軽にできるストレス解消法をまとめました。
ぜひ参考にしてみてください。
 
 
 
◯入浴
 
ぬるい湯につかります。時間は20〜30分。半身浴で。
夏なら38〜40℃、冬なら41℃くらいのややぬるい湯にゆっくりつかりましょう。
ぬるめの湯は、脳内の副交感神経が刺激されます。
(副交感神経・・・身体を緊張から解きほぐしてリラックスさせる神経)
 
 
 
◯睡眠
 
眠れないときは横になるだけでも良い。
睡眠前のアルコールは眠りの質を低下させる。
必要に応じて音楽やアロマ等の快眠グッズを活用する。
なるべく7時間以上寝るようにする。
 
ストレスを癒すのに最も効果的なのは「休養」です。
心や身体を効果的に休ませる究極の方法は「眠る」ことです。
 
 
 
◯運動
 
一般の人は、ジョギング・ウォーキング・水泳・水中ウォーキング
運動が苦手な人は、ヨガ・ストレッチ
 
ジョギングは一人で始められます。
走ることで冷静になれるので、ストレス解消の効果も期待できます。
有酸素運動なのでダイエットにも最適。
スピードの目安は、おしゃべりができる程度でよいです。
 
 
 
毎日はできなくても、
「ちょっと疲れたかな・・・」というときに取り入れてみてください。
 
いつでも
どこでも
誰でも
手軽にできる【セルフケア】をぜひ見つけてみましょう。

  

  関連記事

冷え対策のセルフケア、行っていますか?

ここ数年、秋を感じる時間が短くなったように思います。急激な気温の変化についていけず、体調を崩す方が多く見られます。今すぐはじめられる「冷え」対策のセルフケア、何かされていますか?

なぜ「ベーシックセブン」がつくられたのか?

「競技スポーツの世界での感動をもっと多くの皆さんとシェアしたい」と考えたメソッドは、安全で分かりやすいものに。現在では、フィットネス・介護・医療の世界にまで及び、老若男女を問わず多くの方に愛用されています。「それは何故なのか?」をご紹介いたします。

コアコン指導者に知ってほしいこと - その③ どんな音楽を選んでいますか? –

コア・ナチュレのオリジナルセミナー「コアコン指導者に知ってほしい基礎知識」の第3回目のコラムです。
皆さんは、レッスンのときに流す音楽はどんなものを選んでいますか?

あなたに合ったストレッチポールを選んでいますか?

ストレッチポールには3つの種類があります。わたしたちトレーナーは、クライアントの状態に合わせてツールを選択することをご存知ですか?皆さんが持っているツールはご自身に合ったものですか?

勇気を与える感動のスピーチ! 岩崎由純氏ペップトーク講演会@大分

ペップトークとは、もともとアメリカでスポーツの試合前に監督やコーチが選手を励ますために行っている短い激励のスピーチ。
日本を代表するアスレチックトレーナー岩﨑由純氏がアメリカのスポーツ現場で学んだ「勇気を与える感動のスピーチ」を、自分・家族・仲間に伝えるコミュニケーションスキルとして確立。スポーツ現場はもちろん、家庭で・職場で・教育現場ですぐに実践できるシンプルでポジティブな言葉を使ったコミュニケーション術の講演会です。

【在るがままに】会社に入った直後は本当に苦労しました

週に一度、これまで私が歩んできたこと、経験してきたこと、実践してきたことを綴っていきます。
今回は会社に入ってすぐにこんなことで苦労をしたというお話です。あの時は本当によくやったと思います(笑)

ストレッチポールにのったとき◯◯◯を使うとリラックスしやすい

こんな暑い時期だからこそ、ストレッチポールにのってリラックスしてほしい。そんな気持ちを込めて、より一層リラックスできる方法をお伝えします。

コアコン指導者に知ってほしいこと - その② フィードバックを受け入れる –

コア・ナチュレのオリジナルセミナー「コアコン指導者に知ってほしい基礎知識」の第1回目のコラムを読んで感想をいただきました。
第2回目は・・・「指導者同士のフィードバック、受けたことがありますか?もしくは受けていますか?」

パッケージエクササイズの利点と欠点

ストレッチポールを使った「ベーシックセブン」、ひめトレを使った「ひめトレベーシック」はパッケージエクササイズになります。最近「なぜパッケージなのか?」をご質問されることが増えたので、ここでシェアさせていただきます。

秋の景色をたのしむ時間

1分1秒が大事だと感じる瞬間ってありませんか?今、こうやって日々過ごせることに感謝しつつ、これからどんな景色を見ることができるのか・・・家族と、クライアントさんと、仲間と、社会と。目の前の人が喜んでもらえることを意識して行動するためにも、ゆっくりとした時間が必要なのです。

pagetop