コア・ナチュレ

コア・ナチュレ

ひめトレエクササイズ実施時の椅子の選び方とは? 工藤美和のコラム

651012
 
 
ひめトレを安全かつ効果的に使うために
「環境」がとても大事になります。
 
 
その1つとして「椅子」の選択。
今回は、ここのお話をします。
 
 
 
椅子の選択をするにあたり、
 
①高さ
②背もたれ
③座面
④安定性
⑤その他
 
を見る必要があります。
 
 
①高さ
椅子に座ったとき、座面の高さが合わず、
足裏がしっかり床につかない方が多くいます。
 
そのときは、足裏の下にハーフカットやジョイントマットなどを置き、
座面との高さを調整してください。
 
目安は、膝関節と股関節の両方、曲げた角度が90°です。
 
最近のオシャレな椅子はどうも高さが高いようです・・・
 
 
 
②背もたれ
ある方が好ましいです。
ベーシックなエクササイズでは背もたれは使用しませんが、
アドバンスでは使用するエクササイズが盛り込まれています。
長い目で見るとあった方がいいかもしれません。
 
 
 
③座面
硬くて四角い形が好ましいです。
丸いとお尻がはみ出ることがあります。
座面が柔らかいと、ひめトレの圧が均等に当たらないことがあります。
 
座面のベストな椅子は折り畳みのパイプ椅子。
昔から学校や会議室等にある椅子です。
 
最近の貸し会議室も、質感のいい素材を使っていて、
ひめトレを使うと感覚入力しづらいものがあります。
そのため、椅子の下見が重要になっていきます。
 
 
 
④安定性
椅子の脚にコロがついていたり、
椅子がガタガタするものは好ましくないです。
脚がしっかりしているものを選んでください。
 
 
 
⑥その他
質のいい椅子、オフィスにある椅子には肘掛けがあります。
身体をひねるエクササイズをするときには、ちょっと邪魔になることも。
肘掛けのないものがあればベストです。
 
 
 
こんな感じで、椅子1つを選ぶだけでも、
エクササイズを実施する際の安全性が変わってきます。
なので、実施には注意してくださいね。
 
また、エクササイズのバリエーションで、
座るだけでなく、「寝る」「立つ」などもあります。
 
ここは、【ひめトレアドバンス】セミナーでご紹介する内容となります。
ご興味のある方がいましたら、ぜひご相談ください。

  

  関連記事

意外と知らない「ひめトレ」のお手入れ法

これもよく質問に出ます。デリケートな場所にあてるツールなので「清潔に保つ」ことが大事です。ひめトレの材質を知ってからお手入れすることをオススメしています。

【在るがままに】こんなことを勉強していました

週に一度、これまで私が歩んできたこと、経験してきたこと、実践してきたことを綴っていきます。
今回は学生時代にこんなことを学んでいたというお話です。書き出すを気づくことが多いです。

食事・運動・睡眠で、きちんと体をつくる

(一財)日本コアコンディショニング協会[JCCA]の会長である、岩崎由純氏が11/13(日)福岡県筑紫野市にてアスレティックトレーナーとしての【極意】をお話ししてくださいます。性別・年齢・職種関係なく、全ての人につながるお話です。

今更ながら、◯◯をはじめました

スマホのアプリをほとんどダウンロードしていません。ここにきてアプリを活用して、もっと皆さんにお役に立つことを発信できないか模索していました。まずはここから始めてみました。今更ですが・・・お知らせです。

「JCCA認定いろは体操セミナー」とは?

高齢者に向けての運動指導の方にオススメです。椅子に座り、ひめトレを使ってカンタンな運動を行います。このセミナーはどなたでも受講が可能です。

【御礼】本日、コア・ナチュレが誕生して4年になりました

本日10月26日は、コア・ナチュレのオープン日になります。皆さまのおかげで4年が経ちました。
これからも皆さまの側に寄り添いサポートしていく所存です。今後ともよろしくお願いいたします。

コアコン指導者に知ってほしいこと - その① コアコン仲間の指導を受ける –

これから不定期ですが、コア・ナチュレのオリジナルセミナー「コアコン指導者に知ってほしい基礎知識」について、少しずつご紹介していきたいと思います。まず第1回目は・・・「コアコン仲間のレッスンを受けてみたことはありますか?」

最近セミナーに対するご質問が増えています

毎月、開催を予定しているのが(一財)日本コアコンディショニング協会[JCCA]の認定セミナーです。そのセミナーに対するお問い合わせが最近グッと増えてきました。皆さんの不安を少しでも解消したく、ここでシェアさせていただきます!

なぜ定員数の少ないセミナーを開催するのか?

その答えはわたしらしさ、コア・ナチュレらしさ・・・があると思っています。
わたしの原点でもある「つなぐ」「癒す」「寄り添う」「愛(かな)でる」がキーワードです。

日常生活でセルフケアを継続する秘訣とは?

10年来のおつき合いのクライアントさん。ストレッチポールやひめトレをこよなく愛用してくれています。
長く継続する秘訣とは?彼女の笑顔から伝わってきますよね。

pagetop