コア・ナチュレ

コア・ナチュレ

ひめトレエクササイズ実施時の椅子の選び方とは? 工藤美和のコラム

651012
 
 
ひめトレを安全かつ効果的に使うために
「環境」がとても大事になります。
 
 
その1つとして「椅子」の選択。
今回は、ここのお話をします。
 
 
 
椅子の選択をするにあたり、
 
①高さ
②背もたれ
③座面
④安定性
⑤その他
 
を見る必要があります。
 
 
①高さ
椅子に座ったとき、座面の高さが合わず、
足裏がしっかり床につかない方が多くいます。
 
そのときは、足裏の下にハーフカットやジョイントマットなどを置き、
座面との高さを調整してください。
 
目安は、膝関節と股関節の両方、曲げた角度が90°です。
 
最近のオシャレな椅子はどうも高さが高いようです・・・
 
 
 
②背もたれ
ある方が好ましいです。
ベーシックなエクササイズでは背もたれは使用しませんが、
アドバンスでは使用するエクササイズが盛り込まれています。
長い目で見るとあった方がいいかもしれません。
 
 
 
③座面
硬くて四角い形が好ましいです。
丸いとお尻がはみ出ることがあります。
座面が柔らかいと、ひめトレの圧が均等に当たらないことがあります。
 
座面のベストな椅子は折り畳みのパイプ椅子。
昔から学校や会議室等にある椅子です。
 
最近の貸し会議室も、質感のいい素材を使っていて、
ひめトレを使うと感覚入力しづらいものがあります。
そのため、椅子の下見が重要になっていきます。
 
 
 
④安定性
椅子の脚にコロがついていたり、
椅子がガタガタするものは好ましくないです。
脚がしっかりしているものを選んでください。
 
 
 
⑥その他
質のいい椅子、オフィスにある椅子には肘掛けがあります。
身体をひねるエクササイズをするときには、ちょっと邪魔になることも。
肘掛けのないものがあればベストです。
 
 
 
こんな感じで、椅子1つを選ぶだけでも、
エクササイズを実施する際の安全性が変わってきます。
なので、実施には注意してくださいね。
 
また、エクササイズのバリエーションで、
座るだけでなく、「寝る」「立つ」などもあります。
 
ここは、【ひめトレアドバンス】セミナーでご紹介する内容となります。
ご興味のある方がいましたら、ぜひご相談ください。

  

  関連記事

【味覚変容ダイエット】私の美容食材はケーキだった?!

今年のクリスマスは大切な人たちと何を食べましたか?
もちろん食べるのが、「クリスマスケーキ」ですよね。私自身が食べた感想を書いてみました!

【在るがままに】私がストレッチポールに出逢ったきっかけ

これまで私が歩んできたこと、経験してきたこと、実践してきたことを綴っていきます。
今回は、私がストレッチポールに出逢ったきっかけのお話です。それはある日突然のことでした。

「ひめトレは、◯◯のときは使用できますか?」

ひめトレが使用できる、できない・・・についてのご質問もかなり多く受けます。ここでは、ベーシックセミナーでお伝えしている禁忌例をご紹介させていただきます。セルフケアで使用する際は、ぜひ参考にしてください。

ハーフカットは汎用性に優れています!

大好きな運動(エクササイズ)の1つに【体幹安定エクササイズ】というものがあります。長年の経験で、ハーフカット上で安定できると身体の調子がいいことが分かります。ぜひトライしてみませんか?

コアコンディショニングの指導や展開で悩んでいる方へ

JCCA認定セミナーを受講してくださった柔道整復師の方々。「なぜ受講しようと思ったのか?」「これからどんなふうに指導・展開していったらいいのか?」・・・お話を聞く中から、たくさんのヒントをいただきました!

【ひめトレベーシック受講をご検討の方へ】キャンペーン商品ご購入について

リニューアルされた「ひめトレシリーズ」セミナー。初めて受講される方限定のキャンペーンについてお問い合わせが増えております。受講をご検討の方へ、お申し込み前に必ずご一読ください。

「こだわり」からの気づき

皆さんもお気に入りのミュージシャンっていますよね?
わたしもかなり「こだわり」がある方です。そんなところから、今の自分に対して気づいたことがありました。

今更ながら、◯◯をはじめました

スマホのアプリをほとんどダウンロードしていません。ここにきてアプリを活用して、もっと皆さんにお役に立つことを発信できないか模索していました。まずはここから始めてみました。今更ですが・・・お知らせです。

ひめトレを持ち運ぶとき、どうしていますか?

鞄にポンと入るくらいの大きさである、ひめトレ。でも、そのまま持ち運ぶと何となく気になりませんか?クライアントさんたちもいろいろ考えて収納してくれています。今回は、手元に届いた試作品をご紹介いたします。

【在るがままに】専業主婦が運動指導者の資格取得セミナーを受ける

これまで私が歩んできたこと、経験してきたこと、実践してきたことを綴っていきます。
今回は、私が初めて運動指導の資格を取得したときのお話です。

pagetop