コア・ナチュレ

コア・ナチュレ

「ストレッチポールにのると、どんないいことがありますか?」 工藤美和のコラム

sp1
 
 
「ストレッチポールにのると、どんなことがいいの?」
 
 
と、よく聞かれます。
 
 
今回は、
「ストレッチポールにのると、どんなお悩みを解決してくれるか?」
について述べたいと思います。
 
 
 
ストレッチポールにのると、
アウターマッスル(外側の筋肉)がゆるみます。
そこで細かな動きをすることで、身体の奥深くにある
インナーマッスルが刺激され、関節が正しい位置へ戻っていきます。
 
また、背骨の並びが整い、身体が本来あるべき状態に【リセット】されます。
そのため、姿勢がよくなっていきます。
 
 
 
①肩を【リセット】
かたよった姿勢などで身体のバランスが崩れ、
固まった肩甲骨まわりの筋肉をゆっくりゆるめます。
そうすることで、肩甲骨の動きをよくします。
慢性的な肩こり、四十肩や五十肩の予防などにも役立ちます。
 
 
②骨盤を【リセット】
骨盤の傾きや歪みを改善し、固くなった股関節まわりの筋肉をゆるめます。
股関節が正しい位置に整い、身体が動かしやすくなります。
 
 
③背骨を【リセット】
首や腰の違和感、ポッコリお腹の原因にもなる姿勢の悪さを改善します。
パソコン作業やスマホ、家事など前かがみのクセがついた背骨を、
本来のS字カーブへリセットします。
 
 
 
梅雨もまだしばらく続きそうですね。
身体の不調をそのままにしていませんか?
 
ストレッチポールやひめトレなどのツールを使ったエクササイズは、
いつでも・どこでも・誰でも・カンタンにできるセルフエクササイズ。
 
時間がない
暑くてあまり動きたくない
汗をかきたくない
 
そんな皆さんのニーズにお応えできる運動です。
 
ぜひ、真夏を迎える前に、
ご自身の身体を【リセット】してみませんか?
 
 
 
*(株)LPN ストレッチポール®スタートブックより抜粋

  

  関連記事

皆さんの傍に「布ナプキン」がある生活を送りませんか

毎回好評の「布ナプキン」のワークショップ。ひめトレの体験もできる内容でお届けしています。「布ナプキン」の講師である秦紀子さんが、この度協会を設立しました。ぜひ一度チェックしてみてください。

ボディラインが変わるポイントは◯◯だった!【やせたいけど食べたいを叶える!ダイエット】

11/23(月)博多にて開催された、「味覚変容ダイエット シルエットメイク講座」を再受講。
今月に入り、わたしの「カラダ」と「ココロ」の変化はなぜ起こったのか?それをどう整えるのか?再受講することで新たな【気づき】を得ることで幸福感を得られました。
皆さんもご自身を大切にすることができる、【味覚変容ダイエット】の奥深さを体感してみませんか?

【在るがままに】専業主婦が運動指導者の資格取得セミナーを受ける

これまで私が歩んできたこと、経験してきたこと、実践してきたことを綴っていきます。
今回は、私が初めて運動指導の資格を取得したときのお話です。

楽器を演奏する方に「コアコンディショニング」は最適!

楽器を演奏する際、決まった姿勢をとりますよね。この時の姿勢や動きのくせを見直すことで、パフォーマンスがグッと上がります。
今回の体験者はピアノの先生でした。

ツールとコンテンツを上手に使ってみる

皆さんのご自宅には運動を行うためのツール、ありませんか?通販で買った健康器具が、リビングや収納に眠っていませんか?
それらを毎日の中で運動を習慣化するために使ってみませんか?きっといろんなベネフィットがありますよ!

コアコンディショニングの指導や展開で悩んでいる方へ

JCCA認定セミナーを受講してくださった柔道整復師の方々。「なぜ受講しようと思ったのか?」「これからどんなふうに指導・展開していったらいいのか?」・・・お話を聞く中から、たくさんのヒントをいただきました!

ストレッチポールとひめトレの効果的な使い方

ストレッチポール・ひめトレを1つずつ使ってもカンタンで効果的。ですが、ストレッチポール→ひめトレの順番で使うと、もっと効果的になります!

今あるもので、ベストを尽くす

最近、ご縁あって小〜中学生の指導を行っています。しっかりとした目標やゴールを持っている子どもたちに、日々驚かされています。たのしく、分かりやすく、シンプルに。「コアコンディショニング」の考え方に基づいて指導を行った結果、嬉しいお声をいただいています!

ご自身の身体を内観していますか?

皆さんは、毎日ご自身の身体を内観する時間をつくっていますか?
ストレッチポールやひめトレなどのツールを使った運動を提供する際には「体観」という言葉がよく出てきます。

時には「手放す」勇気が必要です

ゆっくりお話がしたかった方と一緒にランチへ。そこは実家の近所!なかなか予約がとれないお店で有名だそう。カフェのもてなしから学ぶことも多かったのですが、何より彼女との会話で「気づき」がありました。

pagetop