コア・ナチュレ

コア・ナチュレ

わたしのリラックス法は「ただストレッチポールにのるだけ」です。 工藤美和のコラム

9157f4aa75d683a3f7db3b18c73b4dda_s
 
 
皆さんは、
ご自身がリラックスできる方法ってありますか?
 
 
 
例えば、
 
美味しいものを食べる
お酒を飲む
エステや整体に行く
温泉に入る
旅行へ行く
買い物へ出かける
運動をする
 
・・・などなど。
 
 
 
わたしは、
自宅でリラックスする方法として
「ただストレッチポールにのる」
です。
 
 
基本姿勢
 
 
「ただのるだけ」
 
 
がポイントです。
 
 
ストレッチポールにのると、身体が正しくリセットされると同時に、
脳のリラックスモードのスイッチが入ります。
全身が脱力し、筋肉が緊張から解放されます。
本当の意味での「身体を休める」です。
寝る前にのると熟睡でき、翌日の目覚めがスッキリです。
 
 
もしくは、
左右に小さく心地よく揺れる、のもオススメです。
 
小さな揺らぎを全身に伝えることでリラックスできます。
寝る前ならなおさらウトウトしそうな心地よさになります。
 
 
 
ストレッチポールにのると、
肋骨が左右に広がり、呼吸がしやすくなります。
酸素をたくさん取り込めるようになります。
ゆっくりとした呼吸を繰り返すことで、
さらにリラックス効果を高めてくれます。
 
 
ご自身のライフスタイルに合ったタイミングで。
たった3分でもラクになりますよー。
 
ぜひ、皆さんも
ご自宅でできるリラックス法を見つけてみてください。

  

  関連記事

今あるもので、ベストを尽くす

最近、ご縁あって小〜中学生の指導を行っています。しっかりとした目標やゴールを持っている子どもたちに、日々驚かされています。たのしく、分かりやすく、シンプルに。「コアコンディショニング」の考え方に基づいて指導を行った結果、嬉しいお声をいただいています!

勇気を与える感動のスピーチ! 岩崎由純氏ペップトーク講演会@大分

ペップトークとは、もともとアメリカでスポーツの試合前に監督やコーチが選手を励ますために行っている短い激励のスピーチ。
日本を代表するアスレチックトレーナー岩﨑由純氏がアメリカのスポーツ現場で学んだ「勇気を与える感動のスピーチ」を、自分・家族・仲間に伝えるコミュニケーションスキルとして確立。スポーツ現場はもちろん、家庭で・職場で・教育現場ですぐに実践できるシンプルでポジティブな言葉を使ったコミュニケーション術の講演会です。

あなたに合ったストレッチポールを選んでいますか?

ストレッチポールには3つの種類があります。わたしたちトレーナーは、クライアントの状態に合わせてツールを選択することをご存知ですか?皆さんが持っているツールはご自身に合ったものですか?

コアコン指導者に知ってほしいこと - その③ どんな音楽を選んでいますか? –

コア・ナチュレのオリジナルセミナー「コアコン指導者に知ってほしい基礎知識」の第3回目のコラムです。
皆さんは、レッスンのときに流す音楽はどんなものを選んでいますか?

今更ながら、◯◯をはじめました

スマホのアプリをほとんどダウンロードしていません。ここにきてアプリを活用して、もっと皆さんにお役に立つことを発信できないか模索していました。まずはここから始めてみました。今更ですが・・・お知らせです。

意外と知らない「ひめトレ」のお手入れ法

これもよく質問に出ます。デリケートな場所にあてるツールなので「清潔に保つ」ことが大事です。ひめトレの材質を知ってからお手入れすることをオススメしています。

ストレッチポールとひめトレの効果的な使い方

ストレッチポール・ひめトレを1つずつ使ってもカンタンで効果的。ですが、ストレッチポール→ひめトレの順番で使うと、もっと効果的になります!

「心地よく感じる」ことのありがたさ

こんな景色を見ながら仕事ができるありがたさ。そして、この景色を家族・クライアントさま・仲間と共有できることのありがたさ。そして大好きなストレッチポールにのると、胸が開き心が開くので、いろんなことを思います。

今年のキーワードは「つながり」「調和」「与える」

本日のクライアントさんと、「今年、どうなったら最高ですか?」というテーマで、じっくり話をしました。彼女の会話から、私の立ち位置・発信することの責務を感じました。おかげで、大切な人と想いを共有することができました。

コアコン指導者に知ってほしいこと - その② フィードバックを受け入れる –

コア・ナチュレのオリジナルセミナー「コアコン指導者に知ってほしい基礎知識」の第1回目のコラムを読んで感想をいただきました。
第2回目は・・・「指導者同士のフィードバック、受けたことがありますか?もしくは受けていますか?」

pagetop