コア・ナチュレ

コア・ナチュレ

だから、わたしはストレッチポールを長く愛用しています。 工藤美和のコラム

基本姿勢
 
 
今年は、急激な寒暖差のため、
身体の不調を訴える方が多くみられます。
 
 
「これといって悪くないです。
 でも、なんとなく身体が重い感じがします。」
 
 
睡眠はしっかり確保している。
でも、身体の疲れが残り、翌朝スッキリ目覚めない。
 
自分では気づいていないけど、
人からは「肩が凝ってない?」と言われる。
 
そんなことはありませんか?
 
 
 
メディアでいいと言われることをやってみても、
なかなか改善しない。
 
それはなぜ?
 
身体構造が抱えている、
根本的な問題が解決できていないからです。
 
 
 
現代の生活。
よく見ると、身体の負担をかけていることが多くあります。
 
前かがみで1日中パソコンで仕事をしている
うつむいてスマホを見ている
長時間同じ姿勢でいる
 
身体に負担のかかる姿勢が習慣となり、
日常的にとり続けていることで筋肉が凝り固まり、
さまざまな不調の原因となっているのです。
 
 
 
だから
ストレッチポール、なんです。
 
 
 
間違った姿勢を繰り返すと、ただ休むだけでは元に戻りません。
それは、皆さんが寝ている間に身体がリラックスできていないからです。
 
ストレッチポールは、短時間&カンタンなエクササイズで、
骨格や筋肉を本来あるべき状態に戻してくれます。
そうすることでさまざまな悩みを解決に導いてくれます。
 
 
 
時間がとれない方
運動が苦手な方
ご自身のライフスタイルにあったところで、
気軽に始めることができます。
 
エクササイズが終わり、ストレッチポールから下りた後の
身体の変化は、人それぞれ。
言葉では言い表せない「心地よさ」を感じていただけるはずです。
 
一般の方をはじめ、
学校の体育の授業、病院のリハビリ、
数多くの有名トップアスリートも使っています。
 
 
ぜひ皆さんも
ストレッチポールで、
毎日を快適に過ごしてみませんか。

  

  関連記事

今更ながら、◯◯をはじめました

スマホのアプリをほとんどダウンロードしていません。ここにきてアプリを活用して、もっと皆さんにお役に立つことを発信できないか模索していました。まずはここから始めてみました。今更ですが・・・お知らせです。

ひとりで簡単にできる!腰痛のための画期的なストレッチ(運動)とは?

長時間のデスクワークや家事などで無意識に崩れていた姿勢から引き起こされる、肩こりや腰痛。
きっと多くの方が悩んでいる症状だと思います。
それをひとりで簡単にできるエクササイズツールがあるんです。皆さん、ご存知でしたか?

2017年がはじまりました!

明日が仕事始めですが、1日早く通常のルーチンに戻りました。
「なぜ、それが大事なのか?」に気づかされることがありました。
今年やりたいこともちょっぴりと書いています。

【在るがままに】私がストレッチポールに出逢ったきっかけ

これまで私が歩んできたこと、経験してきたこと、実践してきたことを綴っていきます。
今回は、私がストレッチポールに出逢ったきっかけのお話です。それはある日突然のことでした。

【在るがままに】たった一言が人生を変える

これまで私が歩んできたこと、経験してきたこと、実践してきたことを綴っていきます。
今回は、私の人生を変えたきっかけとなった一言・・・というお話です。

わたしのリラックス法は「ただストレッチポールにのるだけ」です。

皆さん、日常生活の中でリラックスする時間ってありますか?ご自宅でカンタンにリラックスできる方法として、わたしは「ただ」ストレッチポールの上ににのっています。

◯◯に座るだけで姿勢が変わる!

講演や講座でよく依頼されるのが「姿勢」のお話。ちょっとした意識で皆さんの「姿勢」は変わります。日常生活の座り方、ちょっとだけ意識してみませんか?体調や体型が変わってきますよ。

ボディラインが変わるポイントは◯◯だった!【やせたいけど食べたいを叶える!ダイエット】

11/23(月)博多にて開催された、「味覚変容ダイエット シルエットメイク講座」を再受講。
今月に入り、わたしの「カラダ」と「ココロ」の変化はなぜ起こったのか?それをどう整えるのか?再受講することで新たな【気づき】を得ることで幸福感を得られました。
皆さんもご自身を大切にすることができる、【味覚変容ダイエット】の奥深さを体感してみませんか?

ストレッチポールとひめトレの効果的な使い方

ストレッチポール・ひめトレを1つずつ使ってもカンタンで効果的。ですが、ストレッチポール→ひめトレの順番で使うと、もっと効果的になります!

【在るがままに】専業主婦が運動指導者の資格取得セミナーを受ける

これまで私が歩んできたこと、経験してきたこと、実践してきたことを綴っていきます。
今回は、私が初めて運動指導の資格を取得したときのお話です。

pagetop