コア・ナチュレ

コア・ナチュレ

だから、わたしはストレッチポールを長く愛用しています。 工藤美和のコラム

基本姿勢
 
 
今年は、急激な寒暖差のため、
身体の不調を訴える方が多くみられます。
 
 
「これといって悪くないです。
 でも、なんとなく身体が重い感じがします。」
 
 
睡眠はしっかり確保している。
でも、身体の疲れが残り、翌朝スッキリ目覚めない。
 
自分では気づいていないけど、
人からは「肩が凝ってない?」と言われる。
 
そんなことはありませんか?
 
 
 
メディアでいいと言われることをやってみても、
なかなか改善しない。
 
それはなぜ?
 
身体構造が抱えている、
根本的な問題が解決できていないからです。
 
 
 
現代の生活。
よく見ると、身体の負担をかけていることが多くあります。
 
前かがみで1日中パソコンで仕事をしている
うつむいてスマホを見ている
長時間同じ姿勢でいる
 
身体に負担のかかる姿勢が習慣となり、
日常的にとり続けていることで筋肉が凝り固まり、
さまざまな不調の原因となっているのです。
 
 
 
だから
ストレッチポール、なんです。
 
 
 
間違った姿勢を繰り返すと、ただ休むだけでは元に戻りません。
それは、皆さんが寝ている間に身体がリラックスできていないからです。
 
ストレッチポールは、短時間&カンタンなエクササイズで、
骨格や筋肉を本来あるべき状態に戻してくれます。
そうすることでさまざまな悩みを解決に導いてくれます。
 
 
 
時間がとれない方
運動が苦手な方
ご自身のライフスタイルにあったところで、
気軽に始めることができます。
 
エクササイズが終わり、ストレッチポールから下りた後の
身体の変化は、人それぞれ。
言葉では言い表せない「心地よさ」を感じていただけるはずです。
 
一般の方をはじめ、
学校の体育の授業、病院のリハビリ、
数多くの有名トップアスリートも使っています。
 
 
ぜひ皆さんも
ストレッチポールで、
毎日を快適に過ごしてみませんか。

  

  関連記事

勇気を与える感動のスピーチ! 岩崎由純氏ペップトーク講演会@大分

ペップトークとは、もともとアメリカでスポーツの試合前に監督やコーチが選手を励ますために行っている短い激励のスピーチ。
日本を代表するアスレチックトレーナー岩﨑由純氏がアメリカのスポーツ現場で学んだ「勇気を与える感動のスピーチ」を、自分・家族・仲間に伝えるコミュニケーションスキルとして確立。スポーツ現場はもちろん、家庭で・職場で・教育現場ですぐに実践できるシンプルでポジティブな言葉を使ったコミュニケーション術の講演会です。

「ストレッチポールの正しい使い方を教えてください!」

先月のある日。「ストレッチポールを購入したのですが、正しい使い方が分からなくて困っています。」というご連絡が。遠路、長崎からご夫婦で、正しい使い方が学べる【ツールトレーニング】を受けてくださいました。そのときのお話です。

【在るがままに】私が会社を辞めた理由

これまで私が歩んできたこと、経験してきたこと、実践してきたことを綴っていきます。
今回は「なぜ、私が会社を辞めることになったのか?」というお話です。

「心地よく感じる」ことのありがたさ

こんな景色を見ながら仕事ができるありがたさ。そして、この景色を家族・クライアントさま・仲間と共有できることのありがたさ。そして大好きなストレッチポールにのると、胸が開き心が開くので、いろんなことを思います。

【在るがままに】私がストレッチポールに出逢ったきっかけ

これまで私が歩んできたこと、経験してきたこと、実践してきたことを綴っていきます。
今回は、私がストレッチポールに出逢ったきっかけのお話です。それはある日突然のことでした。

【在るがままに】会社に入った直後は本当に苦労しました

週に一度、これまで私が歩んできたこと、経験してきたこと、実践してきたことを綴っていきます。
今回は会社に入ってすぐにこんなことで苦労をしたというお話です。あの時は本当によくやったと思います(笑)

皆さんの「隠れファン」になりたいです

わたしのちょっと変わった趣味が「選挙速報を見る」ことです。昨日の選挙では「無党派層」「隠れ◯◯」という言葉が飛び交っていました。そこから気づいたことです。

「ストレッチポールにのると、どんないいことがありますか?」

レッスンやセミナーでお伝えしている「コアコンディショニング」。その中でも、ツールを使った場合の「コアコンディショニング」(運動)を行ったら、どんなメリットがあるか?をご紹介いたします。

思い切って手を挙げてみました!

他県の仲間から「大分はいいよね!」と言われます。どうやら大分県のような起業家女子の仕組みって珍しいようです。iGC様から背中をポンと押していただき、このような場に出ています。よかったぜひご覧ください。

好きで得意で、家族や仲間に貢献できる

かれこれ10年以上のお付き合い。わたしの起業の原点でもある方とのお食事でした。
話は尽きません。あっという間の4時間でした。ここからまた新しいことが生まれます!!

pagetop