コア・ナチュレ

コア・ナチュレ

「ひめトレ」ができたきっかけ 工藤美和のコラム

IMG_0074-300x300
 
 
「なぜ、【ひめトレ】っていう名前なんですか?」
 
 
最近、またよく聞かれる質問の1つです。
 
 
 
ここでは、
ひめトレの開発秘話をお話しますね。
 
 
 
開発の裏には
高齢者の運動指導の「尿もれ予防」というニーズがありました。
 
女性が多く参加する中、数人の男性の参加者。
男女の身体の違いによる、骨盤底筋の感覚をどう伝えていくか?が問題となっていました。
開発者である3名のトレーナーは、タオル等を直径3〜4cm程度の筒状にまるめ、
その上にまたがり、感覚刺激を入れることなどを行っていました。
 
ですが、ご自宅にあるタオルは人それぞれ。
素材も長さもまちまち。まるめても高さが皆均等にはなりません。
タオルでは感覚刺激が入りにくく、効果や体感を得られにくいことが、
わたしも現場で多々ありました。
 
 
そこで、充分な効果や体感を得られる(再現性)こと、
ひとりでもカンタンにできる(簡便性)こと、
安全性を考慮したツールが考案されました。
 
 
 
ひめトレを使うことで、
  骨盤(坐骨・恥骨・尾骨)の位置が分かる
  骨盤底筋の動きが分かりやすくなる
  インナーユニット全体の活性化につながる
 
安全性・再現性・簡便性の高いツールになり、
エクササイズもかんたんなのでセルフコンディショニングに
とても向いています。
 
 
 
最後に・・・
 
 
名前の由来。
 
 
 
女の子のお祝いである「おひなさま」。
そこにはお姫さまが出てきます。
 
そして、
女性の身体はとても神秘的ですよね。
(生理・妊娠・出産など)
 
 
「姫」
「秘め」
から
「ひめトレ」
 
 
だからといって、
男性が使ってはいけないわけではありません・・・
 
開発者の講師たちは
「とのトレ、つくる?!」と言っていた時期もありました。
 
 
あくまで開発秘話です。
 
 
ぜひ周りのお友だちに伝えてあげてください。

  

  関連記事

冷え対策のセルフケア、行っていますか?

ここ数年、秋を感じる時間が短くなったように思います。急激な気温の変化についていけず、体調を崩す方が多く見られます。今すぐはじめられる「冷え」対策のセルフケア、何かされていますか?

「クライアントありき」の指導ができるようになるには?

毎年、全国でたくさんの「ベーシックインストラクター」が誕生しています。その中で、もっとクライアントさまに喜ばれるインストラクターになるためには、この情報を知っておくと指導に深みが増し、クライアントさまの「満足度」がグッと上がります。

「転倒を予防する運動を教えてください。」

最近のクライアントさまからのキーワード、「転倒」。人(ヒト)であるがゆえにあるもの=二本足で立って歩く、ですよね。コア・ナチュレらしく、分かりやすくお伝えしている内容です。

今年のキーワードは「つながり」「調和」「与える」

本日のクライアントさんと、「今年、どうなったら最高ですか?」というテーマで、じっくり話をしました。彼女の会話から、私の立ち位置・発信することの責務を感じました。おかげで、大切な人と想いを共有することができました。

【在るがままに】学生時代の部活のお話です

たった一人でもいい。誰かの「これからの人生」のお役に立てたら嬉しい。どんなことをしたら嬉しいのか、ずっと悩んでいました。
週に一度、これまで私が歩んできたこと、経験してきたこと、実践してきたことを綴っていきます。今回は学生時代の部活動のことです。

「ひめトレは、◯◯のときは使用できますか?」

ひめトレが使用できる、できない・・・についてのご質問もかなり多く受けます。ここでは、ベーシックセミナーでお伝えしている禁忌例をご紹介させていただきます。セルフケアで使用する際は、ぜひ参考にしてください。

【在るがままに】私が会社を辞めた理由

これまで私が歩んできたこと、経験してきたこと、実践してきたことを綴っていきます。
今回は「なぜ、私が会社を辞めることになったのか?」というお話です。

ストレッチポールとひめトレの効果的な使い方

ストレッチポール・ひめトレを1つずつ使ってもカンタンで効果的。ですが、ストレッチポール→ひめトレの順番で使うと、もっと効果的になります!

気軽にできるストレス解消法

ご自身もしくは家族の生活環境を変えることは難しいですよね。であれば、ご自身の心身をケアする(整える)ことは可能です。コア・ナチュレでは、ご自身のセルフケアを見つけ、快適な毎日を送ってほしいと願っています。

「ストレッチポールにのると、どんないいことがありますか?」

レッスンやセミナーでお伝えしている「コアコンディショニング」。その中でも、ツールを使った場合の「コアコンディショニング」(運動)を行ったら、どんなメリットがあるか?をご紹介いたします。

pagetop