コア・ナチュレ

コア・ナチュレ

「ひめトレ」ができたきっかけ 工藤美和のコラム

IMG_0074-300x300
 
 
「なぜ、【ひめトレ】っていう名前なんですか?」
 
 
最近、またよく聞かれる質問の1つです。
 
 
 
ここでは、
ひめトレの開発秘話をお話しますね。
 
 
 
開発の裏には
高齢者の運動指導の「尿もれ予防」というニーズがありました。
 
女性が多く参加する中、数人の男性の参加者。
男女の身体の違いによる、骨盤底筋の感覚をどう伝えていくか?が問題となっていました。
開発者である3名のトレーナーは、タオル等を直径3〜4cm程度の筒状にまるめ、
その上にまたがり、感覚刺激を入れることなどを行っていました。
 
ですが、ご自宅にあるタオルは人それぞれ。
素材も長さもまちまち。まるめても高さが皆均等にはなりません。
タオルでは感覚刺激が入りにくく、効果や体感を得られにくいことが、
わたしも現場で多々ありました。
 
 
そこで、充分な効果や体感を得られる(再現性)こと、
ひとりでもカンタンにできる(簡便性)こと、
安全性を考慮したツールが考案されました。
 
 
 
ひめトレを使うことで、
  骨盤(坐骨・恥骨・尾骨)の位置が分かる
  骨盤底筋の動きが分かりやすくなる
  インナーユニット全体の活性化につながる
 
安全性・再現性・簡便性の高いツールになり、
エクササイズもかんたんなのでセルフコンディショニングに
とても向いています。
 
 
 
最後に・・・
 
 
名前の由来。
 
 
 
女の子のお祝いである「おひなさま」。
そこにはお姫さまが出てきます。
 
そして、
女性の身体はとても神秘的ですよね。
(生理・妊娠・出産など)
 
 
「姫」
「秘め」
から
「ひめトレ」
 
 
だからといって、
男性が使ってはいけないわけではありません・・・
 
開発者の講師たちは
「とのトレ、つくる?!」と言っていた時期もありました。
 
 
あくまで開発秘話です。
 
 
ぜひ周りのお友だちに伝えてあげてください。

  

  関連記事

皆さんの傍に「布ナプキン」がある生活を送りませんか

毎回好評の「布ナプキン」のワークショップ。ひめトレの体験もできる内容でお届けしています。「布ナプキン」の講師である秦紀子さんが、この度協会を設立しました。ぜひ一度チェックしてみてください。

◯◯に座るだけで姿勢が変わる!

講演や講座でよく依頼されるのが「姿勢」のお話。ちょっとした意識で皆さんの「姿勢」は変わります。日常生活の座り方、ちょっとだけ意識してみませんか?体調や体型が変わってきますよ。

「心地よく感じる」ことのありがたさ

こんな景色を見ながら仕事ができるありがたさ。そして、この景色を家族・クライアントさま・仲間と共有できることのありがたさ。そして大好きなストレッチポールにのると、胸が開き心が開くので、いろんなことを思います。

コアコン指導者に知ってほしいこと - その① コアコン仲間の指導を受ける –

これから不定期ですが、コア・ナチュレのオリジナルセミナー「コアコン指導者に知ってほしい基礎知識」について、少しずつご紹介していきたいと思います。まず第1回目は・・・「コアコン仲間のレッスンを受けてみたことはありますか?」

意外と知らない「ひめトレ」のお手入れ法

これもよく質問に出ます。デリケートな場所にあてるツールなので「清潔に保つ」ことが大事です。ひめトレの材質を知ってからお手入れすることをオススメしています。

「クライアントありき」の指導ができるようになるには?

毎年、全国でたくさんの「ベーシックインストラクター」が誕生しています。その中で、もっとクライアントさまに喜ばれるインストラクターになるためには、この情報を知っておくと指導に深みが増し、クライアントさまの「満足度」がグッと上がります。

布ナプキンのワークショップで知った、女性特有のお悩み

布ナプキンのワークショップを企画・開催して2年が経ちました。皆さんの受講動機に寄り添いつつ、新しい事実を通して女性の深い悩み、現代社会の苦悩が垣間見えてきました。

【在るがままに】実は、伝説のJCCA認定セミナーを受講した一人です

これまで私が歩んできたこと、経験してきたこと、実践してきたことを綴っていきます。
今回は、語り継がれている伝説のJCCA認定セミナーの受講生の一人だった・・・というお話です。

「転倒を予防する運動を教えてください。」

最近のクライアントさまからのキーワード、「転倒」。人(ヒト)であるがゆえにあるもの=二本足で立って歩く、ですよね。コア・ナチュレらしく、分かりやすくお伝えしている内容です。

今あるもので、ベストを尽くす

最近、ご縁あって小〜中学生の指導を行っています。しっかりとした目標やゴールを持っている子どもたちに、日々驚かされています。たのしく、分かりやすく、シンプルに。「コアコンディショニング」の考え方に基づいて指導を行った結果、嬉しいお声をいただいています!

pagetop