コア・ナチュレ

コア・ナチュレ

「ひめトレ」ができたきっかけ 工藤美和のコラム

IMG_0074-300x300
 
 
「なぜ、【ひめトレ】っていう名前なんですか?」
 
 
最近、またよく聞かれる質問の1つです。
 
 
 
ここでは、
ひめトレの開発秘話をお話しますね。
 
 
 
開発の裏には
高齢者の運動指導の「尿もれ予防」というニーズがありました。
 
女性が多く参加する中、数人の男性の参加者。
男女の身体の違いによる、骨盤底筋の感覚をどう伝えていくか?が問題となっていました。
開発者である3名のトレーナーは、タオル等を直径3〜4cm程度の筒状にまるめ、
その上にまたがり、感覚刺激を入れることなどを行っていました。
 
ですが、ご自宅にあるタオルは人それぞれ。
素材も長さもまちまち。まるめても高さが皆均等にはなりません。
タオルでは感覚刺激が入りにくく、効果や体感を得られにくいことが、
わたしも現場で多々ありました。
 
 
そこで、充分な効果や体感を得られる(再現性)こと、
ひとりでもカンタンにできる(簡便性)こと、
安全性を考慮したツールが考案されました。
 
 
 
ひめトレを使うことで、
  骨盤(坐骨・恥骨・尾骨)の位置が分かる
  骨盤底筋の動きが分かりやすくなる
  インナーユニット全体の活性化につながる
 
安全性・再現性・簡便性の高いツールになり、
エクササイズもかんたんなのでセルフコンディショニングに
とても向いています。
 
 
 
最後に・・・
 
 
名前の由来。
 
 
 
女の子のお祝いである「おひなさま」。
そこにはお姫さまが出てきます。
 
そして、
女性の身体はとても神秘的ですよね。
(生理・妊娠・出産など)
 
 
「姫」
「秘め」
から
「ひめトレ」
 
 
だからといって、
男性が使ってはいけないわけではありません・・・
 
開発者の講師たちは
「とのトレ、つくる?!」と言っていた時期もありました。
 
 
あくまで開発秘話です。
 
 
ぜひ周りのお友だちに伝えてあげてください。

  

  関連記事

思い切って手を挙げてみました!

他県の仲間から「大分はいいよね!」と言われます。どうやら大分県のような起業家女子の仕組みって珍しいようです。iGC様から背中をポンと押していただき、このような場に出ています。よかったぜひご覧ください。

「ずっと首の症状に悩んでいました。これで自分でケアができます!」

首の症状からくる不定愁訴に悩んでいました。誰でも・どこでも・カンタンに・短時間でできる「コアコンディショニング」の中の基本エクササイズ(運動)を体験していただきました。仕事・育児・家庭・ご自身のバランスをセルフケアで保てると喜んでくださいました。

今更ながら、◯◯をはじめました

スマホのアプリをほとんどダウンロードしていません。ここにきてアプリを活用して、もっと皆さんにお役に立つことを発信できないか模索していました。まずはここから始めてみました。今更ですが・・・お知らせです。

「ひめトレは、◯◯のときは使用できますか?」

ひめトレが使用できる、できない・・・についてのご質問もかなり多く受けます。ここでは、ベーシックセミナーでお伝えしている禁忌例をご紹介させていただきます。セルフケアで使用する際は、ぜひ参考にしてください。

ご自身の身体を内観していますか?

皆さんは、毎日ご自身の身体を内観する時間をつくっていますか?
ストレッチポールやひめトレなどのツールを使った運動を提供する際には「体観」という言葉がよく出てきます。

「心地よく感じる」ことのありがたさ

こんな景色を見ながら仕事ができるありがたさ。そして、この景色を家族・クライアントさま・仲間と共有できることのありがたさ。そして大好きなストレッチポールにのると、胸が開き心が開くので、いろんなことを思います。

だから、わたしはストレッチポールを長く愛用しています。

皆さんは、ご自身の身体を不調を感じたら、どんな対処をしていますか?わたしは、10年以上ストレッチポールを愛用しています。「一体、それはなぜなのか?」をご紹介させていただきます。

勇気を与える感動のスピーチ! 岩崎由純氏ペップトーク講演会@大分

ペップトークとは、もともとアメリカでスポーツの試合前に監督やコーチが選手を励ますために行っている短い激励のスピーチ。
日本を代表するアスレチックトレーナー岩﨑由純氏がアメリカのスポーツ現場で学んだ「勇気を与える感動のスピーチ」を、自分・家族・仲間に伝えるコミュニケーションスキルとして確立。スポーツ現場はもちろん、家庭で・職場で・教育現場ですぐに実践できるシンプルでポジティブな言葉を使ったコミュニケーション術の講演会です。

とにかく信じてやり続けています!

原点回帰をしたくて、お休みの日に出かけました。この仕事を始めてからのことです。
この日、気づいたことを備忘録として書き留めてみました。

夢が叶う「姿勢」や「動き」を手に入れる

「将来の夢はオリンピックの選手になる!」と話してくれた小学生の彼。夢に向かって一歩ずつ前に進んでいくために、毎日がんばっています。【コアコンディショニング】の考え方を取り入れてのトレーニングが始まりました!

pagetop