コア・ナチュレ

コア・ナチュレ

【在るがままに】専業主婦が運動指導者の資格取得セミナーを受ける 工藤美和のコラム

いつもありがとうございます。
コア・ナチュレ 代表
姿勢改善トレーナーの工藤美和です。



ピラティスのカルチャースクールに通い始めて慣れてきた頃。
講師からのお知らせで、指導者になれるための資格があることを知りました。

「私は素人・・・指導者になれるわけがない。」

正直そう思いました。
セミナー受講料は高額。(当時は現在ほど高くはなかったのですが・・・)
退職金を使ってまで取る意味があるのだろうか。


随分悩みました。
ですが、これは私の特性なのですが、
直感で「受けてみよう!」と思ったのです。

当時、まだピラティスの資格取得セミナーは開催数が少なく貴重であったこと、
地元で受けられるため、自宅から通うことができること。
交通費と宿泊費が0円。

また、心のどこかで
「人生を変えてみたい」という気持ちがあったかもしれません。
私は、平日5日間連続の資格取得セミナーを受けることにしたのです。


その5日間はハードでした。
実技を覚えるだけでなく、人前に出て指導することもやります。
何もかもが初めてのことばかりで、緊張の連続。
実技は、他の人に比べたら一番下手だったと思います。(→実際に言われた)
何度も「逃げ出そう!」と思いましが。
それでも何とかやり遂げることができました。
大人になってから、とても貴重な経験だったと思います。



さて、資格は取ったものの、それをどう活かすか?
なんて全く考えずに取ったので、ビックリですよね。

これも偶然なのですが、
ストレッチポールのカルチャースクールの講師から、
「よかったら一緒に活動してみない?」と声をかけられたのです。

素人ですよ、
資格取ったばかりですよ、
人前に出て指導するなんて、
お金をもらうなんて。

でも、これも私。
すぐに「やります!」って言ってしまいました。
夫に相談もせずに。(→のちにこれが大問題と・・・)

根拠はありません。
ただ、取った資格の受講料が高額だったので、元を取りたい。
不純な理由だったのかもしれません。

とにかく「やる!」と決めてからの流れが
凄まじく早かったことを覚えています。



私の環境が、
大きく何かが動き出そうとしていたのは確かでした。

  

  関連記事

今年のキーワードは「つながり」「調和」「与える」

本日のクライアントさんと、「今年、どうなったら最高ですか?」というテーマで、じっくり話をしました。彼女の会話から、私の立ち位置・発信することの責務を感じました。おかげで、大切な人と想いを共有することができました。

誰かと誰かの「橋渡し」となれば幸いです。

昨日は、iGC(女性起業家・企業家プロジェクト)からのお声掛けで、貴重な経験をさせていただきました。わたしが起業したきっかけ、事業内容、起業して嬉しかったこと、これからのビジョンなどをお話ししました。何かの参考になれば幸いです。

2019年、どんな年にしたいですか?

新年明けましておめでとうございます。今年もコア・ナチュレをどうぞよろしくお願いいたします。
通常営業は7日(月)ですが、既に3日(木)から活動を行なっています。私なりの今年の抱負を書かせていただきました。

好きで得意で、家族や仲間に貢献できる

かれこれ10年以上のお付き合い。わたしの起業の原点でもある方とのお食事でした。
話は尽きません。あっという間の4時間でした。ここからまた新しいことが生まれます!!

皆さんの傍に「布ナプキン」がある生活を送りませんか

毎回好評の「布ナプキン」のワークショップ。ひめトレの体験もできる内容でお届けしています。「布ナプキン」の講師である秦紀子さんが、この度協会を設立しました。ぜひ一度チェックしてみてください。

【Stretch-eze®(ストレッチーズ)】 ピラティスのマットエクササイズに!

来月よりコア・ナチュレにて導入するエクササイズツール、【Stretch-eze®(ストレッチーズ)】。ピラティスのマットエクササイズをより心地よく、効果的に行うことができます。今回はそのご紹介です。

【在るがままに】こんなことを勉強していました

週に一度、これまで私が歩んできたこと、経験してきたこと、実践してきたことを綴っていきます。
今回は学生時代にこんなことを学んでいたというお話です。書き出すを気づくことが多いです。

今更ながら、◯◯をはじめました

スマホのアプリをほとんどダウンロードしていません。ここにきてアプリを活用して、もっと皆さんにお役に立つことを発信できないか模索していました。まずはここから始めてみました。今更ですが・・・お知らせです。

「気づき」をくれてありがとう

ドラッカーが次のように言っています。「他人の育成を手掛けない限り、自分の能力を向上させることは出来ない。」
そんなお手本を見せてくれる友人から「気づき」をもらいました。

なぜ「ベーシックセブン」がつくられたのか?

「競技スポーツの世界での感動をもっと多くの皆さんとシェアしたい」と考えたメソッドは、安全で分かりやすいものに。現在では、フィットネス・介護・医療の世界にまで及び、老若男女を問わず多くの方に愛用されています。「それは何故なのか?」をご紹介いたします。

pagetop