コア・ナチュレ

コア・ナチュレ

【在るがままに】専業主婦が運動指導者の資格取得セミナーを受ける 工藤美和のコラム

いつもありがとうございます。
コア・ナチュレ 代表
姿勢改善トレーナーの工藤美和です。



ピラティスのカルチャースクールに通い始めて慣れてきた頃。
講師からのお知らせで、指導者になれるための資格があることを知りました。

「私は素人・・・指導者になれるわけがない。」

正直そう思いました。
セミナー受講料は高額。(当時は現在ほど高くはなかったのですが・・・)
退職金を使ってまで取る意味があるのだろうか。


随分悩みました。
ですが、これは私の特性なのですが、
直感で「受けてみよう!」と思ったのです。

当時、まだピラティスの資格取得セミナーは開催数が少なく貴重であったこと、
地元で受けられるため、自宅から通うことができること。
交通費と宿泊費が0円。

また、心のどこかで
「人生を変えてみたい」という気持ちがあったかもしれません。
私は、平日5日間連続の資格取得セミナーを受けることにしたのです。


その5日間はハードでした。
実技を覚えるだけでなく、人前に出て指導することもやります。
何もかもが初めてのことばかりで、緊張の連続。
実技は、他の人に比べたら一番下手だったと思います。(→実際に言われた)
何度も「逃げ出そう!」と思いましが。
それでも何とかやり遂げることができました。
大人になってから、とても貴重な経験だったと思います。



さて、資格は取ったものの、それをどう活かすか?
なんて全く考えずに取ったので、ビックリですよね。

これも偶然なのですが、
ストレッチポールのカルチャースクールの講師から、
「よかったら一緒に活動してみない?」と声をかけられたのです。

素人ですよ、
資格取ったばかりですよ、
人前に出て指導するなんて、
お金をもらうなんて。

でも、これも私。
すぐに「やります!」って言ってしまいました。
夫に相談もせずに。(→のちにこれが大問題と・・・)

根拠はありません。
ただ、取った資格の受講料が高額だったので、元を取りたい。
不純な理由だったのかもしれません。

とにかく「やる!」と決めてからの流れが
凄まじく早かったことを覚えています。



私の環境が、
大きく何かが動き出そうとしていたのは確かでした。

  

  関連記事

布ナプキンのワークショップで知った、女性特有のお悩み

布ナプキンのワークショップを企画・開催して2年が経ちました。皆さんの受講動機に寄り添いつつ、新しい事実を通して女性の深い悩み、現代社会の苦悩が垣間見えてきました。

働く人のためのセルフケアとは?(メンタルヘルスケア)

私が会社に勤めていた頃はこんなケア方法を知りませんでした。何より自分自身が「ストレスである」ことに気づいてなかったのかもしれません。現代社会だからこそ起こる不調を改善する対策として【セルフケア】があります。

2017年がはじまりました!

明日が仕事始めですが、1日早く通常のルーチンに戻りました。
「なぜ、それが大事なのか?」に気づかされることがありました。
今年やりたいこともちょっぴりと書いています。

ひめトレを持ち運ぶとき、どうしていますか?

鞄にポンと入るくらいの大きさである、ひめトレ。でも、そのまま持ち運ぶと何となく気になりませんか?クライアントさんたちもいろいろ考えて収納してくれています。今回は、手元に届いた試作品をご紹介いたします。

五感をつかい、記憶を辿る

何気ない風景がいろんなことを感じさせてくれました。
【味覚】を通して、五感の重要性を自ら体感してきました。

今更ながら、◯◯をはじめました

スマホのアプリをほとんどダウンロードしていません。ここにきてアプリを活用して、もっと皆さんにお役に立つことを発信できないか模索していました。まずはここから始めてみました。今更ですが・・・お知らせです。

【在るがままに】私がストレッチポールに出逢ったきっかけ

これまで私が歩んできたこと、経験してきたこと、実践してきたことを綴っていきます。
今回は、私がストレッチポールに出逢ったきっかけのお話です。それはある日突然のことでした。

日常生活でセルフケアを継続する秘訣とは?

10年来のおつき合いのクライアントさん。ストレッチポールやひめトレをこよなく愛用してくれています。
長く継続する秘訣とは?彼女の笑顔から伝わってきますよね。

【在るがままに】こんなことを勉強していました

週に一度、これまで私が歩んできたこと、経験してきたこと、実践してきたことを綴っていきます。
今回は学生時代にこんなことを学んでいたというお話です。書き出すを気づくことが多いです。

冷え対策のセルフケア、行っていますか?

ここ数年、秋を感じる時間が短くなったように思います。急激な気温の変化についていけず、体調を崩す方が多く見られます。今すぐはじめられる「冷え」対策のセルフケア、何かされていますか?

pagetop