コア・ナチュレ

コア・ナチュレ

【在るがままに】たった一言が人生を変える 工藤美和のコラム

いつもありがとうございます。
コア・ナチュレ 代表
姿勢改善トレーナーの工藤美和です。



会社を退職すると決めたとき。
実は、ホッとした気持ちになりました。
何かにしがみついて、必死になって働いていたのだと。
がんばっているつもりはないけれど、無意識にがんばっていたのかもしれません。
しかも、住み慣れた土地を離れて都会での生活。
家族や友だち、仲間と離れての生活はとても寂しかったのです。
気持ちが途切れた瞬間でした。

そんなとき。
退職する私に、当時の会社の上司が言葉をかけてくれました。
その言葉は、今でも忘れることができません。
会社の直属の上司ではなく、派遣先の上司。
いつも失敗ばかりする私にも、とにかくやさしく接してくれました。


「工藤さんは、身体にいいことを始めたらいいよ。
 例えば、自分の身体を自分で整えることとか。
 うちの奥さんは、足もみをする仕事をしていて・・・」

なんてふうに話してくれたのです。


当時、ピラティスが日本に渡って、ヨガと平行して流行り始めた頃。
会社勤めする女性が習うのがトレンドでした。
そもそも私は、運動があまり得意ではありません。
なので、上司が勧めてくれたセルフケアをどこで習うことができるか、
インターネットで探してみようと思いました。

あの時、上司が何気なく掛けてくれた言葉が、
私の人生を大きく変えるきっかけとなりました。


退職してから学んだセルフケア。
今は、職としては続けていませんが、
当時習った内容(中医学)は活かされています。
始めた頃は、全く意味が理解できずにとても苦労しましたが、
今は学んで良かったと心から思っています。


そう、
これまで経験してきたことは、何一つ無駄なことはなかったのだと。
どれも、どこかで、微力ながら役立っているのだと。

いつか
あの時の上司に逢えたら。
「ありがとうございました」とお礼が言いたいです。

  

  関連記事

好きで得意で、家族や仲間に貢献できる

かれこれ10年以上のお付き合い。わたしの起業の原点でもある方とのお食事でした。
話は尽きません。あっという間の4時間でした。ここからまた新しいことが生まれます!!

ご自身の身体を内観していますか?

皆さんは、毎日ご自身の身体を内観する時間をつくっていますか?
ストレッチポールやひめトレなどのツールを使った運動を提供する際には「体観」という言葉がよく出てきます。

「ずっと首の症状に悩んでいました。これで自分でケアができます!」

首の症状からくる不定愁訴に悩んでいました。誰でも・どこでも・カンタンに・短時間でできる「コアコンディショニング」の中の基本エクササイズ(運動)を体験していただきました。仕事・育児・家庭・ご自身のバランスをセルフケアで保てると喜んでくださいました。

日常生活でセルフケアを継続する秘訣とは?

10年来のおつき合いのクライアントさん。ストレッチポールやひめトレをこよなく愛用してくれています。
長く継続する秘訣とは?彼女の笑顔から伝わってきますよね。

楽器を演奏する方に「コアコンディショニング」は最適!

楽器を演奏する際、決まった姿勢をとりますよね。この時の姿勢や動きのくせを見直すことで、パフォーマンスがグッと上がります。
今回の体験者はピアノの先生でした。

「私はこうやって今の仕事を始めました」転職後にやってきたことは?

「夢は、ストレッチポールなどのツールを使って、身体や心を整える仕事がしたい」最近、セミナー受講者から多く受ける質問なので、ここでお応えしてみました。

コアコン指導者に知ってほしいこと - その③ どんな音楽を選んでいますか? –

コア・ナチュレのオリジナルセミナー「コアコン指導者に知ってほしい基礎知識」の第3回目のコラムです。
皆さんは、レッスンのときに流す音楽はどんなものを選んでいますか?

ひめトレエクササイズ実施時の椅子の選び方とは?

「ひめトレ」を使った運動を行う際に大事なことの1つとして、椅子の選択があります。安全性・再現性のためにも知っておくといいです。

食事・運動・睡眠で、きちんと体をつくる

(一財)日本コアコンディショニング協会[JCCA]の会長である、岩崎由純氏が11/13(日)福岡県筑紫野市にてアスレティックトレーナーとしての【極意】をお話ししてくださいます。性別・年齢・職種関係なく、全ての人につながるお話です。

【在るがままに】こんなことを勉強していました

週に一度、これまで私が歩んできたこと、経験してきたこと、実践してきたことを綴っていきます。
今回は学生時代にこんなことを学んでいたというお話です。書き出すを気づくことが多いです。

pagetop